2012年09月29日

思考言動の出所

(後日要修正)
最近、あなたは農家になったの?とか八百屋になったの?とよく聞かれます。
答えは半分NOで半分がYES。
僕の目標は昔から一貫していて、今はその通過点でしかありません。
ただそれを説明するのには直接会って少なくとも1時間は説明が必要になります。だからわからない人には説明するのも大変ですので、「今は野菜を売ってます」と答えるようにしています。

今の時代、「建築家を目指しています」と言ったら、なぜ設計事務所に勤めないのか、設計の仕事をやらないのか、遠回りじゃないか、と言う人も多いのですが、僕はその考えには賛同が出来ません。
僕には一貫した理念と、目指す目標像がはっきりしているので、常にその時々で必要なものを補い学んでいます。
だから今は時々鍬を握り、時々野菜を売っているのです。

僕の祖父は、もう20年以上前に亡くなりましたが、生前1冊の自叙伝を残しました。
今でも僕は時々それを読み返します。

その祖父の自叙伝は、次のような随筆から始まっています。

*****
『学資の出所』
 大正九年四月である。慈悲深い両親の膝元を離れて、県立鎌倉師範学校の寄宿舎生活に入った。親元を離れての人生として、はじめての経験である。離れてみてつくづく親の有り難さ、兄弟のなつかしさがみにしみるのであった。やっぱり生まれ故郷は、何と言ってもいいものだなあ……と思った。
 それから毎年、月はじめの土曜日の午後、舎監に外泊願を出して帰宅した。両親はじめ兄弟揃って水入らずの晩さん会に、仲睦まじく舌鼓みを打ち語り合うのが、この上もなく楽しいものであった。だがさらに大事なことは、一ヶ月分の学資金三十円也を、頂戴する事である。帰って来た土曜の日はゆっくりと足を伸ばし、誰にも気がね遠慮することなく、ぐっすりと故郷の温い夢路をたどったものである。

 さて日曜日の朝になると、きまって朝早く起こされた。寝坊は許されなかった。朝飯もそこそこにすますと
 父「おい、鍬棒かついで畑について来い。草むしりとさく切りだ。」
 母「せっかく帰って来たのだから……今日はのんびりとさせてやったら……。」
 父「馬鹿、若い者がのんびりとは何事だ……早く来い……。」
 母「でも学校へ帰れば、また勉強勉強でせめられるので、家に帰った時位は……。」
 父「駄目だ駄目だ、神聖な労働の苦しみ、汗を流す楽しみを経験しなくては、人様の子どもの前に立って、教える資格はないぞ。文句を言わず早くついて来い。」
 そう言い残して父は出て行った。一度言い出したらきかない父である。絶対命令であるのだ。

 命ぜられるままに鍬棒肩に畑に行った。澄みきった大空には、高く秀麗の富士山が雄姿を表わし、箱根大山の連山が陽に映えて美しい。そよ吹く風は心地よく頬をなぜる。青天井の下ですくすくと伸びている麦の葉先に、偉大な生命力……伸張力……、麦ざくを切る一鍬ごとに湧く土の香り、雲雀は高くわが世の春を謳歌している。上を仰いでも下を眺めても、眼に入る万物すべての物が、一瞬も止まる事なく神秘な力で、無限の伸展を続けている事が感ぜられる。
 大自然の中に溶け込んでしまって、只黙々と無我の境地……鍬持つ手におのずと力が入って、父に負けじと夢中でさく切りをした。だが残念ながら父の仕事の半分位しか出来ず、大汗を流した。労働は苦しいが出来上がった仕事を振り返った時、きれいに耕された土の香り、喜ぶような作物の顔を見ると、苦しい汗もいっぺんに吹き飛んで、心の奥底に何とも言いようのない喜悦が、胸一ぱいに無限に湧いて来る。

 昼食がすむと流石の父も、言葉をやわらげニコニコしながら、
 父「まあ、帰る時間までゆっくりして行けよ。勉強もなかなか骨がおれるだろうからなあ……まあしっかりやれよ。」
 午後からは暇が出た。夕方の帰りの汽車に間にあう時間まで、のんびりと遊んだ。近くの千の川に魚釣りに行ったり、平塚方面まで自転車で飛ばしたり、江の島方面まで足を伸ばしたりした。三時のお茶の時間がすむと、
 父「学資金を持って行くのだな、今家には金がないから、石橋(一軒おいて隣りの酒店)まで行って借りてくる。」
 と言って、きまって表口から出て行った。暫くすると帰ってきて、
 父「それ…今月分の学資金三十円だ。来月お前が来る時までには、働いて返しておくから、学資金の事なぞ心配せんでよい。一生懸命勉強しろよ。」
 そう言って十円札三枚、私の手のひらに乗せてくれた。渡されたお金を財布に入れ、これで今月分の学資は心配はいらないと思うと、何となく嬉しいやら又、かくまでして用意してくれる、親の有り難味が身にしみた。
 「お前が今日午前中働いた仕事は、お金に見積ると二十五銭位かな、それを思うと無駄使いは出来ないだろう。親の汗の結晶のお金だ。菓子や天丼に化けさせるなよ。」
 こう言って父は鍬を肩に畑に出かけて行った。後ろ姿を見送って何とも言いようのない心の、引き締まる感に打たれた。

 その後来る月も来る月も、学資金の事になると借金の話ばかりだったので、或はと思い変だなとは思ったが、又満更うそとも思えなかった。それだけ父の演出の仕方が、上手であったのかも知れない。寄宿舎に帰る時間が来ると、母が陰にかくれて少しばかりの小遣銭をくれた。母なればこそであり、母親の尊い愛情である。ほのぼのとした小遣銭の温みに、自然と目がしらが熱くなった。
(大正九年七月 十五歳)

追記:
 学校を卒業して教育者になり、年と共に月給袋が重くなり、家庭を持ちやがて子どもの親となった或日のこと、父親が病床でしみじみと語ってくれた事は、今でも忘れる事は出来ない。
「お金ばかりは子どもの前で、有るふりをするものではないぞ。金銭の尊さを忘れ、無駄遣いの悪習慣を増長させるばかりだ。決して有るふりをするな、お前が子どもの親になったから話すが、師範学校時代お前に渡した学資金は、石橋酒店から借りたと言ったが、あれは借りたのではない。借りたふりをしたのだ。この精神で自分の子を、しっかりと教育しろよ……。」と
(昭和十四年六月 三四歳)
*****

きっと僕の言動や思考の中には、ご先祖様から受け継いだものが根付いているのだと思います。
そして誰に何を言われようと、自分の行動に自信を持っていられるのは、家族親族先祖を含め、多くの人の支えがあるからだと感じています。

曾祖父が行い、祖父が書き残したことと同じ事を、平成に生きる僕は経験し、そして体で感じています。

あなたが今、スマートフォンをいじっているその手を、パソコンのキーボードを叩いているその手を、時には鍬に持ち替えてみるのはいかがでしょうか?

今の時代、神聖な労働の苦しみ、汗を流す楽しみを経験していない人が多くなりすぎて、未来ある子どもたちの前に立って、手本になる大人たちが少なくなった。だから年配者たちは自分のことしか考えられず、若者たちは希望を失い、自殺者は増え、親殺し子殺しが増え、政は右往左往を繰り返すといった世の中になってしまったのではないかと、僕は思うのです。
posted by Coyama at 00:18| 多世代交流論