2012年01月26日

Tさんの誕生ケーキ

ふと、思い出した話があるので、書いておこうと思います。

もう10年前になりますが、僕がデンマークに行く前に、東京で開かれたあるパーティーでTさんという女性にお会いしました。
デンマーク関係のパーティーだったのですが、その後お互いにデンマークへ行くということでその時にメールアドレスを交換しあい、翌年の夏に僕は語学学校へ、Tさんはデザインの学校へと向かいました。

そんなTさんとは渡航後もメールのやり取りを続け、翌年の冬に僕はTさんを訪問しました。

その夜、お酒を飲みながら、Tさんがデンマークへ来た時から撮り続けてきたというアルバムを見せてもらい、Tさんの学校での奮闘記を聞かせてもらいました。

Tさんはそれ以前にも一度、デンマークへ留学をしに来たことがありました。その後一度は日本で就職したもののデンマークのことが忘れられず、さらに家具関係の仕事をする中で実際に自分でデザインをしてみたくなったのだそうです。
そして数年の準備の後、夢を叶えに再びデンマークへとやって来ました。

しかし来た当初は周りからは相手にされず、ある程度の会話力はあったとはいえ授業を受けるには十分ではなく、本当につらい毎日を過ごしていたのだそうです。
またそこは全寮制の学校で、相部屋ということもあり、いろいろと嫌な思いもしたのだそうです。

それでも、夢を叶えに来たTさんは諦めずに「自分にできることを少しずつやっていこう」、「言葉はできなくても積極的に表に出ていこう」と前向きに考え、例えば食堂に飾る花を厨房の人が外に摘みに行くのを手伝ったりなど、本当に小さなことから実行していったのだそうです。
DSCF5368.jpg

そんな前向きなTさんに接しているうちに、周りも少しづつ、本当に少しづつ、変わっていったのだといいます。

僕がTさんを訪問したのはちょうどTさんの誕生日の1週間後でした。
そしてちょうどアルバムの最後に納められていた、誕生日の写真を見せていただきました。
そこには、大きな手作り誕生ケーキの横で、デンマーク人に抱きかかえられた笑顔のTさんが写っていました。

「この中に今日、誕生日の人がいます!」
誕生日の日、いつもと変わらず食堂での夕食が終わった後、突然、学生のひとりが前に出てそう言いました。デンマークではよくある光景です。
そして「みんなで誕生日の歌を歌いましょう!」と言うと、学校のみんながTさんに向かい誕生日の歌を歌いはじめたのだそうです。

その時、厨房のドアが開き、中からTさんのためにみんなが作ったという特大の誕生ケーキが運ばれてきました。

それは小柄なTさんとは対照的な、大きな大きな誕生ケーキ。
でも、きっとそれはTさんの大きな心に似合った誕生ケーキなのだと思います。

それまでも学校では学生達の誕生日は何度もありましたが、ケーキが出て来たのはTさんだけなのだそうです。
それは夏に来てから半年、Tさんの前向きな姿勢が、始めは冷たかった周りの心の壁を溶かした証だと思います。

その幸せそうなTさんの素敵な写真は、いまでも僕の記憶に残っています。

今でも、つらいと思うことがあると、時々そんなTさんの誕生ケーキの話を思い出します。
Tさんがその誕生ケーキの横で微笑むまでには相当な苦労をしたのだと思います。それを思うと、僕も立ち止まったり、逃げ出したくなったりすることが恥ずかしく思えて来ます。

Tさんが示し、見せてくれたように、僕も前向きに進んで行かなければいけません。僕にもまだ叶えたい目標が、この先にたくさんあるんです。

『真面目に、しっかりと核を持ち、信念を持って進んでいれば、いつかかならず評価される日が来る。』
僕がデンマークへ行く時に、僕の恩師が僕にくれた言葉です。

そしてその言葉の姿を、Tさんの誕生ケーキに見せられたような気がしています。

あれからもう10年が経ち、未だに先の見えない不安だらけの道を歩んでいますが、この先の未来の結果は、僕のこれらの心構えと行動次第だと思っています。

少しでも社会の役に立つような、人から感謝されるようなことが実現できる人間になることを目指して、明日もしっかりやっていきたいと思っています。
posted by Coyama at 23:48| デンマークのこと