2012年02月25日

多摩ニュータウンの未来(後編)

(昨日の続き)

多摩ニュータウンは高度成長期に都心に人口が集まり増加をしていく対策として、多摩丘陵を切り開いて作られた新しい街です。
それが40年近くなった現在、住民の高齢化や建物の老朽化などといった問題に直面しています。
DSCF9864.jpg

そんななかで、都会での人口減少と居住地域のことを考えていくと、多摩ニュータウンなどは地方の耕作放棄地と同じように、人から敬遠されていくことになるのではないでしょうか。

僕の個人的な意見としては、やはり寂れた商圏しか持たない多摩ニュータウンよりも、賑わいのある東京区内の都心に暮らしたいと思います。
しかもいくら特急や急行電車が通り、都心から時間はかからないとは言え、通勤時には特急が走らず平時の倍の時間がかかり、夜遅くなるとやはり電車も制限されてくる現実には、不便を感じます。
僕と同じように感じる人は少なくないと思います。

だからといって多摩ニュータウンが悪いというわけではありません。よい部分もたくさんあります。
例えば、都会に比べれば自然が多い、ということ。
また歩車分離された道路計画があります。つまり道を歩いていても車に接する危険が少ない。
DSCF0139.jpg

つまり都心など道路が密集していて車の往来の激しい地域に比べ、子どもを安心して遊ばせられるといった子育てにはよい場所ではあります。

みなさんは「じょうぼ」という空間をご存知でしょうか。
この「じょうぼ」というのは主に千葉の房総地域の言葉のようなのですが、一般道路から家の敷地までの長い進入路のことを指すのだそうです。
DSCF5341.jpg

この「じょうぼ」はその家の人しか使わないため、家の子どもたちが遊ぶときに、車の心配をしなくてよい、安心して遊べる場所なのだそうです。
庭とも言えず道路とも言えない曖昧な場所。そういった場所が、同じように多摩ニュータウンにはあると思います。

今後、多摩ニュータウンから人口の流出を防ぐには、そのようなメリットをうまく活用し、地域特性を活かした住みよい街、にするしか方法はないのではないでしょうか。

何も手を打たなければ、耕作放棄地と同じく“居住放棄地”となる可能性は少なくないと思います。

例えば、僕の故郷は音楽グループのサザンオールスターズの桑田佳祐さんの出身地ということでもよく知られる神奈川県茅ケ崎市です。
「茅ヶ崎」と聞いてみなさん思い浮かぶのは「湘南」という海に面した地域ということだと思いますが、そのイメージ通りで、茅ヶ崎には海しかありません。
しかしその海と、海を取り巻く環境は大変魅力があり、多くの人を惹きつけます。
DSCF0034.jpg

多摩ニュータウンなどにはもちろん海はありませんが、木々の多い豊かな里山環境があります。
このような自然をもっと魅力的に見せたりすることはできないものでしょうか。
DSCF9790.jpg

前述の歩車分離は、マラソンなどを趣味にするランナーにはとてもよい環境です。車や信号に邪魔をされることなく、自分のペースで好きなだけ走ることが出来ます。また公園なども多いことから、給水やトイレもほどよく整備されています。
DSCF9960.jpg

他には、その環境を活かし、週末農業やクラインガルデン、サマーハウスのような活用も可能になると思います。
僕が長野県小諸市で行っている週末農業的な活動に対してよく聞かれる意見は、「とても興味があるが、都心から車で2〜3時間かかるのはちょっと遠い。」というものです。
多摩ニュータウンの居住の実態はどうなっていくかはわかりませんが、例えば低家賃の小さめの住居に空きが多く出てくるようであれば、そこをセカンドハウスのように利用し、市内の農園で農作業を楽しむ、ということも出来るかもしれません。
DSCF6566.jpg

もちろん口で言うほど簡単なものではなく、そこにはいくつもの課題があるのはわかっています。
たくさんある団地などの住居も、制約が多くあり自由な発想で利用してくことは難しい現状があります。

ただ、この先の人口減少社会において、多摩ニュータウンがこのまま普通の都市でいられることはありえず、前述の耕作放棄地の増加的な考えからも、立地的に厳しくなってくるのではないだろうかと僕は思っています。
多摩ニュータウンだけではなく、東京郊外の千葉や埼玉など、同じような問題を抱える都市はこれからますます増えてくると思います。
そういった都市の衰退を防ぐには、「ここに住んでいたい」と思わせるような街にすることが重要です。

そのための対策案は自然環境だけではありません。例えば、この地域で人生最期を迎えるまで安心して暮らせる街だったらどうか。
医療・介護・看護・福祉・居住・地域コミュニティなどの連携が行き届いた暮らしやすいメディカルタウンという発想もあります。
歳をとり、病気になったら都内の大病院などに入院し、病院を転々として最期に病院でなくなるよりも、住み慣れた街で、住み慣れた家で最期を迎えることが出来る。その仕組みが、その街には出来ていて、安心して暮らせる。
そういう街であれば、住み続けたい、と思う人も多いのではないかと思います。

僕が会社を立ち上げたのは、まずはそのような仕組みを、多摩ニュータウンで作ろうと思ったからです。
そこには昔からあるような人的なネットワークの活用はもちろんのこと、今の時代の新しいIT技術やICTといった情報コミュニケーションネットワークを活用すれば、これまでは出来なかった新たな仕組みを作ることが出来るのではないか、と可能性を感じています。
そして多摩ニュータウンでその仕組みが出来れば、それは全国にも適用していけると思っています。

旅立つ人を送り出す時に、残される人たちが、大切な人を失う悲しみだけでもつらいのに、現代社会の歪んだ仕組みのせいで悔しい思いをしてしまうことがある。
そんな思いをする人たちを、僕は少しでも減らしたい。それだけです。
posted by Coyama at 00:42| 多摩ニュータウンのこと

2012年02月24日

多摩ニュータウンの未来(前編)

地方都市において、住民の少子高齢化と農家の後継者不足によって引き起こされている問題の一つに、耕作放棄地の増加があります。
DSCF7960.jpg

しかし「地方都市では耕作放棄地が増えている」という言葉だけを聞くと、田舎に行くと草ボーボーの空き地が転々と増えてきている、とイメージするかもしれませんが、実態はそうでもありません。
ただし耕作放棄地は確実に増えています。要はその耕作を放棄をされる農地に、特徴があるということです。

普通に考えるとわかることですが、住宅地にも高級住宅地から郊外の地価の安い住宅地があるように、農地にも一等地などの階級のようなものがあると思います。実際にそういった階級があるのかは知りませんが、日当りがよく交通の便のよいところは当然ながらよい農地なわけです。
そのため使い勝手の良い平野部にあるような農地は耕作放棄地にはなりにくい。例えば新幹線の車窓から地方都市を通過する際に見える田園風景。その風景の中にはあまり耕作放棄地を見かけることは少ないですよね。
それは使い勝手のよい平野部の農地だからということもあると思います。
DSCF4816.jpg

いくら農家の数が減るとはいえ、機械や近代農法などの進歩で、昔に比べれば少ない人数でも広い農地を管理することが可能になりました。またいくら減退しているとはいえ「農業」そのものが無くなるということはなく、もし一等農地の担い手などがいなくなり耕作放棄をされていくような状況になれば、収量を上げたいと思っている近隣農家はすぐに目を付け借りるもしくは購入を検討していくことになります。
2010_0711II.jpg

もし借り手がいないような場合でも、その立地条件から宅地転用されて住宅地になることも少なくないのです。

では前述の耕作放棄地がどのような場所から増えているのかと言うと、地方都市の、さらに外側の、山間にある不便な土地から、徐々に担い手がいなくなり耕作を放棄され、荒れ地になっていくのです。
もともと平野部の農耕に適した農地が埋まっていき、溢れたり拡大を求める人たちが、新たに農地を切り開いていったのが山間にあるような農地なわけです。
09081313.jpg

またこのような山間地や斜面の農地などは、不便という理由の他にも、機械化などが進んできた現在において、機械の扱いや横転などによる事故を誘引することもあります。
2011_0416CB.jpg

ですので農地の耕作放棄が進んでいくとなると、まずは拡大した先である山間の不便な農地から放棄されていくのが自然と言えるわけです。

ちなみにこの話には数値やデータなどの根拠はありません。農家の方の話や、僕自身が目にしてきたことからの推測に過ぎません。
しかし普通に考えてみても、立地のよい農地から耕作放棄地になり立地の悪いところに農家が残るというよりも、立地の悪い土地から耕作放棄地となり立地のよい農地が残っていく、といったほうが、自然な考えだと思います。
2011_05022AX2.jpg

なぜこのようなことを書いたかと言うと、これは農地だけに言える問題ではないと思ったからです。

例えば東京都心で、居住選択となった時には、勤務先や都心、賑わいのある場所に近ければ近いほどよいと思うのが人間です。そして交通の便など悪いところは敬遠されがちになります。

これから人口が減っていく中で、都心ではどこから人が減っていくかといえば、多摩ニュータウンのような、高度成長期の人口増加に対応するため山間部を切り開いて作られたような場所から、徐々に人は減っていくのではないでしょうか。
DSCF9824.jpg

そう考えると、多摩ニュータウンの未来もそう明るくはありません。
ただし指をくわえて見ていても何も改善はされません。
そのような予測が立てられるのであれば、それを防ぐための策を講じていくこともできます。

では、どうするとよいのか。その続きはまた明日。
posted by Coyama at 23:01| 多摩ニュータウンのこと

2012年02月16日

地縁と慶弔

(※今日の文章はあまり整っていないので、後日徐々に修正します。)

今日書く話は、きっと理解できる人と理解できない人に分かれる内容だと思います。

その内容は「知人や友人のご家族の不幸を知ったとき、あなたはどのような対応をしますか?」ということです。

先日、多摩ニュータウンの知人のご家族に不幸があったのですが、遠方で参列は難しかったため斎場へお花をお送りしました。
その連絡を受けた時に、まだ連絡を受けていなかった別の知人へ葬儀の案内を伝え、その方から周囲の関係者へ伝達をお願いしました。

しかしその方から周囲の方へ連絡をされることはなく、また僕とその方とご家族に不幸があった方とは互いに仕事上での付き合いもありましたので、連名でお花をお贈りしないかとの提案もしたのですが、その申し出はわかりづらく断られました。

気になったので、後日さりげなくそのことを質問してみると「普通はそういうのは何もしないもの。」「他の人に教えても関心はないよ。」との答えが返ってきました。

それからしばらくして、別の関係者の方と話をしていた際にその話をしたところ、「なぜその時に教えてくれなかったのか。知っていればお花や弔電をお送りしたのに。」と言われました。
その話をした方とは僕は直接の連絡法を知らず、先の伝達をお願いした方を経由して連絡が行くと思っていたことと、そのようなことは関心を持たれないので伝達の必要はないと言っていたということをお話ししたところ、その対応にとても驚かれていました。
その反応を見て、やはり僕の感覚は間違っていないんだなと安心しました。

つまりのところ、これは友人知人とその家族へのお祝いや弔いを行うかどうか、という問題なのだと思います。
それは人と人との繋がりとして、当然行うだろうという人と、その必要はないという人と、2種類に分かれることだと思います。
どちらが正しいとも間違っているとも僕は思いません。ただ、行うことが人として当然だと思っている僕にとっては、前述の一件は不思議で仕方がなかったのですが、どうもいろいろな人たちと接していると、多摩ニュータウンなどでは不思議と慶弔への対応は必要ないと思われている人が多いように感じます。
もちろんこれは個人的な感覚ですし、多摩ニュータウンの住民の全員がそうだということではありません。しかし無関心さはどうも他の地域に比べると多く目につきます。

ちょうどそのことを僕と同じように感じられている方と話をしていて、なぜそうなのだろうかという話題になったのですが、もしかするとそこには多摩ニュータウンという地域特性が関係しているのではないかという意見が出ました。

多摩ニュータウンはよく知られているように、高度成長期に都会へ流入する人口の増加に対応するため、郊外の多摩丘陵を切り開いて新たに作られた広大な集合住宅地域です。そしてその当時移り住んで来た人たちの多くは、地方から都心へ出てきた農家の次男や三男の方々が多かったと言われています。

その中には地方都市で昔からあった、いわゆる「地縁」というような密な近所付き合いを嫌って都会に出てきた人たちも多く、冠婚葬祭のような地域での行事を煩わしく思った人たちも少なくなかったと聞きます。
“ニュータウン”と名の付けられた文字通り新しい街では特に、そのような人たちが多く集まり住んだため、普段の軽い近所付き合いはするものの、冠婚葬祭等の「地縁」を必要とするような煩わしい部分は避けられたのではないか。また大規模集合住宅地ゆえに、どこかの家庭でお祝い事や不幸がある度に対応していると大変なので、自然とそれらを避けるようになったのではないか。
また先代から住み続けているわけではないため家族像が見えづらく、お隣さんの姿をしばらく見ないなと思ったら、ご家族の不幸があって郷里に帰っていた。不幸があった話を聞いたのはそれからずっと後のことだった、ということも少なくないと聞きました。

これらはあくまで僕の推測でしかありませんので、正確なものではないと思います。しかし例え慶弔への対応を行わないとしても、冠婚葬祭があった方と次に顔を合わせた時に、その話を事前にどこかで耳にしたら、お祝いや弔いの言葉を一声かける程度のことは「成熟した大人」であれば持ち合わせている感覚かと思います。
しかしそれが出来ない人が意外と多くいると僕は感じています。
そして親がそれを出来ないのですから、当然ながら子もそれを習慣として持ち合わせていないのです。

これは今の多摩ニュータウンを始めとした郊外の大規模住宅地の現状なのかもしれません。

僕自身、様々なところでいろいろな方との付き合いがありますが、多摩ニュータウンに限らず、自身の身内に不幸が会った際、お悔やみの言葉を述べてくださる方と、そうでない方がいます。
ある程度の年齢に達した方ですと、これはもう日々の習慣ですので、どうにも出来ないことだと思います。ただその子どもの世代にまでその感覚が浸透していることに、僕は不安を感じています。

もし知り合いの方のご家族に不幸があったと聞いた時には、「この度は御愁傷様でした。どうぞお気を落とさずに。」程度の声かけはしたいものです。

それが出来ない人と、出来る人がいる。
これはあくまで僕個人の基準ですが、出来る人が「成熟した大人」、出来ない人が「未熟な成人」ではないかなと思っています。
ご家族に不幸があった方を前にして、どのような言葉をかければよいのかは難しいところではありますが、だからといって“何も聞いていないかのように何も言わない”という選択は、僕は間違っていることだと思います。

これを読んで「そうそう」と思う人も、今一度ご自身がきちんとそれが出来ているか、ご注意された方がよいと思いますよ。
posted by Coyama at 23:51| 多摩ニュータウンのこと

2012年01月29日

多摩ニュータウンでの買い物事情

多摩ニュータウンは高度成長期に膨れ上がる東京都心の人口増加への対策として、多摩丘陵を切り開いて作られた日本最大規模のニュータウンです。

開発当初は近隣住区論というものに沿った都市計画がなされていたのですが、初期開発から40年以上が経過した現在、当初想定していた世代の入れ替えが思うように起こらず、住民の高齢化に悩まされ始めているとともに、駅前のショッピングモールや新規拡張先に計画された大型店舗が乱立するようになり、各住区の商業の中心であった商店街では閉じる店が増え、いわゆる“シャッター商店街”が多くなっています。
DSCF9982.jpg

以前お話を伺った30代後半の多摩で育った方は、すでに卒業した小中学校は両方とも廃校になっており、子どもの頃に立ち寄っていた商店街も当時賑わっていた面影もないくらいに変わってしまったと言っていました。

身近にあった商店街を失った住民は、少し離れたスーパーや大型店舗へ買い物に行かなければいけないわけですが、もともとは丘陵地だったところを切り開いた土地のためその高低差は激しく、今となっては高齢者にとって厳しい移動環境になってしまっています。
またホームセンターなどの大型店舗も多くは車での移動を考えた構造になっているため、車の運転も難しくなってきた高齢住民にとっては非常に厳しい居住区域となっています。

ただこの多摩ニュータウンの持つ雰囲気なのですが、僕は他国はデンマークだけしか知りませんが、街を歩いているとデンマークのニュータウンのもつ雰囲気と似ていると感じることがよくあります。
デンマークは多摩ニュータウンほどに土地の高低差はありませんが、多摩ニュータウンの建物の配置や都市の形状など、おそらくヨーロッパのニュータウン計画などを参考にして多摩ニュータウンが作られているからだとは思うのですが、とてもよく似ています。
そして近年になっての巨大なショッピングモールや大型店舗などの出店などの状況も同じだと思います。

両国でのニュータウンの雰囲気で違いを挙げるとすれば、デンマークには日本のように24時間開いているコンビニがない、町中には自動販売機がない、そこかしこに子どもを相手にした学習塾がない、ということぐらいでしょうか。
あとショッピングモールに関しては、デンマークは冬の寒さを考慮して光を多く取り込むような屋内アーケードの形状になっているところが多いように感じます。
0810220056.jpg

逆に多摩ニュータウンなど日本の郊外などは、広大な敷地の中に複数の大型店舗が建ち並ぶ、屋外型の形態が多いように感じています。
F1000872.jpg

しかし多摩ニュータウンとデンマークとの間で大きく違うのは、デンマークの郊外の街などでは多摩ニュータウンほどに商店街が寂れていない、ということです。
もちろん日本と同様に、大型店舗が進出してくることで地元の商店街は影響を受けることはデンマークでも変わらないと思うのですが、デンマークの郊外の街の中心にある商店街では、日本のように空き店舗が続いているところをあまり見かけません。

そのため散歩に出てもウィンドウショッピングなどそれなりに楽しめますし、人の流れやショーウィンドウの変化などによる季節の移ろいを感じることも出来、そんな商店街を散歩する高齢の方の姿もよく見かけます。
0810270140.jpg

多摩ニュータウンのように身近な徒歩圏内の商店街が寂れてしまい、歩いていても目にするのは40年で成長しすぎた木々や子どもの姿のない公園、寂れた商店街などと楽しさをあまり感じられない環境になると、散歩に出る楽しみも半減してしまうのではないでしょうか。

デンマークを始め北欧の福祉や高齢者に配慮した社会政策を参考にしたいと今でも多くの日本人が毎年のようにデンマークや北欧を訪問見学をしていますが、その多くは上辺だけの状況を総合的な優れた状況と捉え、住民主体の生活面からの視点や地域の環境をきちんと見ているのか、僕はいつも疑問に感じています。

デンマークの福祉が優れていると思い、そんな福祉社会を見習いたいという想いや熱意を否定はしませんが、それらを本当に参考にして日本に役立てたいと思うのであれば、制度や高齢者を取り巻く住まい環境だけでなく、高齢者が暮らす街や彼らの日々の生活にも注目したほうがよいと思います。
高齢の方が散歩など表に出ようと思わせるような公園や商店街などの都市環境の整備を、福祉が専門だからそれらは専門外などと言わず、日本でも考えていく必要があるのではないかと、僕は日本とデンマークとを両方見続けている中で、常々思っているのです。
難しい問題ですけどね。
posted by Coyama at 22:16| 多摩ニュータウンのこと

2012年01月22日

住んで知る多摩ニュータウンの交通事情(電車編)

ある方が京王線を使い新宿駅から多摩ニュータウンの京王永山駅に来た時に「いやぁ、都心からだと特急ですぐで便利ですね。」と言っていた。

確かに、新宿駅から京王線の特急電車に乗り、調布駅でホームの反対側に待ち合わせで停車している急行電車に乗り換えると、京王永山駅までは25分で到着、多摩センター駅へは28分で到着する。
その時に新宿駅と永山駅の間の停車駅は明大前・調布・京王稲田堤の3駅だけだ。

それは確かに便利かもしれないが、実際に住んでみると大きな誤解があることに気がつく。
それは、特急の恩恵を受けられるのは時間帯などに条件がある、ということだ。

朝の通勤通学の時間帯に京王永山駅から新宿駅に向かおうとすると、特急電車は走ってなく、新宿までは約60分かかる。
しかも橋本駅から来る電車の席はほぼ間違いなく埋まっていて座れることは少なく、徐々に乗車率は増していき、明大前駅の手前でピークに達する。ほぼ身動きが取れないくらいの満員電車だ。

さらに橋本駅から調布駅の間を京王相模原線というのであるが、この京王相模原線の使い勝手が悪い。
調布駅の手前では乗り入れの関係から、線路上で数分間停車して待たされる。1〜2分と短い時間ではあるが、それでも乗っている側は心地よいものではないし、外では外で踏切を跨いで停車しているため、電車が動くまでは遮断機は降りたままだ(追記:2012年の調布駅ホームの地下化に伴いこの問題は解決されました)。
そして不思議なことに、夏などが特に多く感じるのだが、相模原線内は車内の空調が停止している。夏の京王相模原線の車内は蒸し暑い。しかし調布駅で八王子方面から来ている特急電車に乗り込むと、そちらは寒いぐらいに冷房が効いているので、一気に体が冷えるのである。
また相模原線から新宿に向かう本線に乗り入れた列車は、多くは急行として新宿に向かうのであるが、その列車は調布駅を過ぎると空調が入る。それを見ても相模原線区間に何らかの制約があるのは明らかだ。

さらに新宿に急ぐ場合には調布駅で特急電車に乗り換えるわけだが、乗り合わせが悪い便が時々あり、京王永山駅から乗車した電車でも、調布駅で特急電車を待っている間に、京王永山駅で10分後に出た電車が調布駅に到着する。
つまり京王永山駅で10分後に乗ったとしても、新宿に着く時間が同じになるのだ。
たかが10分といえども、朝の時間の10分はかなり大きい。また急いでいる時には本当に残念に思えてくる。

ただしこれらの不便さも新宿へ向かう「上り」の場合であり、新宿から発車する「下り」に関しては乗り合わせはそれほど悪くない。
新宿駅から下りの特急電車は10分毎に発車している。
しかしそれも17時以降の便ではかなりの満員電車となる。もし座りたければ、ホームに停車中の電車に乗らずに次の便を待つ。そうすれば座って帰ることが出来るが、10分でも早く帰りたい、とつい満員電車に乗ってしまう人も多いと思う。

多摩ニュータウンに住んでいて都心に通勤・通学しているサラリーマンや学生は、毎日そのような生活をしているのである。

なので外部の人からは「いやぁ、都心からだと特急ですぐで便利ですね。」と思うかもしれないが、実際にはそれほどまでに便利でもないのである。

ちなみに僕が都心に出る時は、主に並走する小田急線を利用している。小田急線は京王線に比べると時間も長くかかるのであるが、車内も京王線ほどに満員電車にはならないし、座れることも多く、かつ空調も快適に設定されているので、急ぎでない時は極力小田急線を使っているのである。
2011_0107AA.jpg

もっともこういった交通事情は都心沿線の鉄道であればどこもそれほど変わらないのだと思う。

しかし『都心から電車で〇〇分!』という魅力的な文句は、時と場合によるわけで、決して『常に』ということではない。
住んでみなければわからないことって、いろいろあるのである。
posted by Coyama at 23:35| 多摩ニュータウンのこと