2012年07月23日

グリーンランド研究 − グリーンランドの独立 −

1901年に196あった居留地は100年後の現在では半分以下の85の町と居留地になっています。
また1901年には大きな町(植民地)の居住率は約20%で、残りの80%は郊外や居留地に住んでいましたが、現在では83%の国民が町に暮らし、居留地に暮らす人々は17%になっています。
これにより社会保証サービスや医療や教育、交通整備などの都市や生活の機能は向上しました。
しかしグリーンランド経済はこの集中居住では悪化をしていきます。この住民の集中移住は結果的に町周辺の資源を減らし、また気候の大きな変化も伴って漁獲量の減った魚工場などの収入が減ったからです。
そのため国は1970年代に新たな財源の確保として鉱物や石油などの資源開発に乗り出しました。

政治的な変化も家庭の経済に影響を及ぼします。それは1970年代のデンマークのヨーロッパ共同体(EC)への加盟を巡る一連の動きです。
グリーンランドでは大多数がヨーロッパ市場とは別に国家を形成していくことを望んだにも関わらず、Landsrad議会はECに加盟するというデンマークの国民投票の結果に従いました。
そして1973年のデンマークのEC加盟とともに、ECでの漁船操業と漁獲高に関する規定がデンマークやグリーンランドに適用されましたが、グリーンランド国民はこれに強く反発しました。そして1985年、ついにグリーンランド政府はECから離脱しました。

1985年にはグリーンランドには新しい独自の国旗が誕生します。
2012072301.jpg

この国旗はグリーンランドの芸術家Thue Christianによってデザインされたもので北極圏に登る朝日を表現し、赤と白の組み合わせはデンマーク国旗から来ているものです。

その後ECからEUとなり、デンマーク本国は引き続き加盟国となりますが、グリーンランドは加盟していません。
現在でも外交的政治はデンマークに依存していますが、内政面ではデンマークはグリーンランドの発展のために平等な政治関係を築いています。
そして今日、グリーンランドは約55,000人の人々が暮らす国際的な一国家としての立場をしっかりと確立しているのです。

■ 結論
このようにアジアの流れを組むイヌイット文明とバイキング時代から続くヨーロッパ文明とが組み合わさり、さらに戦争などによる略奪や破壊も行われずに形成されたグリーンランドの歴史や建築文化の形成は、非常に興味深いものである。
さらに戦後のデンマーク政府との大規模な経済協力は、住民達の生活やライフスタイル、都市構成、コミュニティのあり方をも大きく変化させた。

他の文明の介入による外的な変化や、生活の変化による内的な様々な問題を見ることが出来、また極地環境での生活様式を知る上でも、このグリーンランドの研究は貴重な題材である。
日本におけるコミュニティのあり方を検討していく上でも、比較対象として今後とも研究を進めていきたい。

グリーンランド研究 ーひとまず完ー
posted by Coyama at 23:09| グリーンランドのこと