2012年07月11日

グリーンランド研究 − 軍事基地として作られた主な都市/Kangerlussuaq(カンガルースアク)−

2012071101.jpg

カンガルースアクはかつてアメリカ軍の基地「Bluie West 8(通称BW8)」として1941年に作られました。カンガルースアクは160kmにも及ぶフィヨルドの先端に位置し、その名は「長いフィヨルド」という意味です。
しかし技術の進歩や時代の流れなどから徐々にその必要性が薄れ、1990年代にグリーンランド政府に返還されました。
今日ではNarsarsuaq(ナサスアク)空港と並んで、国際線が到着をするグリーンランドの重要な空の玄関となっており、約600人の住民が暮らしています。
2012070701.jpg
△ カンガルースアクの空港

周囲には動物が暮らすためのおだやかで快適な環境が整い、空港から数km離れるだけでジャコウ牛の群れに遭遇することができます。
このジャコウ牛は以前、北東グリーンランドのIttoqqortoorniitからこの地域に27頭だけ連れてこられました。そしてこのカンガルースアクの好環境の下で、その数は爆発的に増え、現在では約5000頭が生息しています。

さらに空港から東へ25kmほど行くと、巨大な氷原に辿り着きます。カンガルースアクの町は、氷原までの道が続いているグリーンランドでも珍しい場所なのです。
posted by Coyama at 20:59| グリーンランドのこと