2012年07月06日

わが身をつねって、人の痛さを知れ

先日ノートルダム清心女子学園理事長の渡辺和子さんが書かれた「置かれた場所で咲きなさい」という本を書店で見かけて購入したところ、その中に次のようなお話がありました。

*****以下前述著書より抜粋*****
3歳ぐらいの子どもを連れた母親が、水道工事をしている人たちのそばを通りながら語って聞かせています。
「おじさんたちが、こうして働いてくださるおかげで、坊やはおいしいお水が飲めるのよ。ありがとうといって通りましょうね」
同じところを、これまた幼い子を連れた別の母親が通りかかります。子どもに向かって言いました。
「坊やも勉強しないと、こういうお仕事をしないといけなくなるのよ」
価値観はこのようにして、親から子どもに伝えられることがあるのです。

(中略)

「わが身をつねって、人の痛さを知れ」意地の悪い私が、母からよく聞かされた言葉です。

(中略)

「人をつねってはいけない」と、禁止の言葉で教えるのではなく、まず自分自身をつねって、つねられた痛みのわかる人になりなさいということでした。
価値観は言葉以上に、それを実行している人の姿によって伝えられるものなのです。
*****

僕自身が生活し、本当に多くの人たちと関わっていく中で、上記の前者の母親のような方は本当にいるのだろうかと感じています。
きっとこれを読まれている方で「いるわよ」「あなたが出会っていないだけよ」とか、上記の文を読んで「そうそう」だとか「自分は前者的な考えで生きているつもり」と思う人も多いことでしょう。

でも本当にそうですか?もう一度深く考えてみてください。
僕自身も、理屈ではわかっていても、時に上記の分の後者的な考えになる部分があります。
その都度気づいた時には反省をするのですが、おそらく気がつかずに行動をしていることもよくあるのだと思っています。

このことは、以前僕が書いた、大学で見かける学生さんたちと掃除のスタッフの方々の関係に感じていることと似たようなことなのだと思います。
http://faelles-design.sblo.jp/archives/20120124-1.html

また同じく以前に書いた、自分の行動や場を正と捉えてしまい、社会との繋がりが見えていないことにも似ていると思います。
http://faelles-design.sblo.jp/archives/20120322-1.html

僕自身、これからどうなっていくのかはわかりませんが、少なくとも今の世の風潮に流されることなく、まず自分自身をつねって、つねられた痛みのわかる人になりたいと思っています。

前述の著書には他にも数々のよいお話が書かれていました。興味のある方はお手を取り読まれてみてはいかがでしょうか。読んで損のない、素敵な本だと思いました。
posted by Coyama at 20:16| 思ったこと・感じたこと