2012年07月05日

グリーンランド研究 − 第二次世界大戦 −

1940年にデンマークがドイツ軍に占領された時、デンマークはアメリカと次のような取り決めを交わしました。
『デンマークのグリーンランドの統治権は保護するものの、戦争の期間中はアメリカがグリーンランドへの経済援助を行いグリーンランドを統治する。』

そして1941年にアメリカはグリーンランドの各地に大西洋を護衛するための空軍基地を建設しました。
そこでは採掘作業が行われ、氷晶石などの鉱石の販売増加による収入は島に駐留するアメリカ軍の軍資金として使用されました。
2012070501.jpg
△ アメリカ空軍基地の位置

第二次世界大戦後もしばらくはデンマークはアメリカとNATO加盟国との協力体制によるグリーンランドの外交政策を続けますが、1951年に正式にグリーンランドはデンマークに返還されました。
この時アメリカは島の北部に巨大なテューレ空軍基地の建設許可を与えられ、東グリーンランドのKulusukと西グリーンランドのSondraStromフィヨルドの基地も継続管理しました。

今日ではテューレ空軍基地だけがアメリカの指揮下にあり、他の空港はグリーンランド政府により管理され、Kangerlussuaq(カンガルースアク)やNarsarsuaq(ナサスアク)はグリーンランドの国際空港として利用されています。
posted by Coyama at 21:33| グリーンランドのこと