2012年06月30日

トイレ考

先日、東京の街中を歩いていた時にバキュームカーを見かけました。
今では珍しくなったバキュームカーですが、僕が子どもの頃はそれなりに見かけていた記憶があります。
横を通る時はいつも息を止めていました。

そんなバキュームカーを、先日見かけた時には息をひそめるどころか、逆に「いいなぁ〜、お宝だなぁ〜」と思ってしまい、思った後でそのようなことを考えた自分に驚きました。

なぜ僕がそれを「いいな」と思ったのかというと、排泄物は畑へのよい肥料になるからです。
長野県小諸市で畑作業などにも関わるようになり、自然と感化されているのだと思います。都会に住み続けていたらまず思わないことだと思いますので、個人的にはよい経験を積ませていただいているなと感謝しています。

排泄物を肥料に使うことに関しては、昔から畑の近くには「肥だめ」があり、そこに排泄物を溜めておいて使用していたということは、周知のことと思います。

そのために農耕民族だった日本のトイレは汲取式になっていたわけで、そういえば祖父の家も昔は汲取式のいわゆる「ボットン便所」で、子どもの頃はあの穴に落ちやしないかと恐怖に感じて用をたすことが出来なかった記憶があります。

そんなことを考えていたら、そういえばなぜ便器は和式(しゃがみタイプ)と洋式(腰掛けタイプ)で違うのか。という疑問が湧いてきました。
だって欧米だってその昔は排便はもともと土に穴を掘ってやっていたわけです。それがいつから座って行うものになったのでしょうか。

以前デンマークにあるローゼンボー城という中世のお城を見学した時に見たトイレは、やはり腰掛けタイプのものでした。
2012063001.jpg

おそらく17世紀頃にはすでにこの腰掛けタイプが主流となっていたのだと思います。
2012063002.jpg

当然ながらしゃがむタイプよりも腰掛けタイプの方が楽なわけですから、日本だって腰掛けタイプの便器が早々と採用されてもよかったのに、現在に至るまでしゃがみタイプが使われてきたことには、きっと何かの理由があるのだと思います。

そういえば小学生などではまだ和式便所を使っているところが多いようなのですが、すでに一般家庭では洋式が当たり前になっていて小学生が和式便所の使い方を知らず、知らないために使用できずに我慢してしまうと言う問題が起きている、と聞いたことがあります。
そういうこともあり小学校など公共施設では徐々に便器を洋式に変えていっているのだそうです。

調べてみると、日本で洋式トイレが使用され始めたのは戦後のことで、敗戦国となった日本にやってきたアメリカ軍が、食文化として生野菜を食べるサラダを持ち込んだ際に、その衛生面からし尿の使用を制限したことで汲取式が排除されていったり、便利な化学肥料が出てきたため排泄物を溜めておいて利用しなくてもよくなったり、上下水道が整備されていったことで洋式トイレが増えていったのだといいます。

ちなみにそのようなことで日本に持ち込まれた洋式トイレは進化を続け、ウォシュレットや便座ウォーマーなどの機能を身につけていったわけですが、今度はそれを海外が逆輸入しているということを、耳にした方も多いと思います。
日本に観光に来た外国人が日本の便座に感激し、ウォシュレットをお土産で買って帰るのだ、と。

しかし欧米ではトイレは主にバスルームにあり、シャワーと一緒にあります。
漏電を考えると、当然ながら電気を使うウォシュレットは、欧米のトイレには設置できないのです。

そんなことをいろいろと考え始めると気になるところはたくさんあるわけで、トイレに関しては今後も考察を深めていきたい興味深き課題なのであります。
posted by Coyama at 22:55| 思ったこと・感じたこと