2012年06月25日

ある朝の出来事/挟まれた傘

ある日の朝の事、僕は自由が丘駅から渋谷行きの東横線に乗ったのですが、その電車は日比谷線直通電車でした。
この列車は途中の中目黒駅から日比谷線に入ってしまうため、渋谷へは行きません。そのため僕は中目黒駅で電車を乗り換えました。

朝のその時間帯は急行でも各駅停車でも「超」がつくほどの満員電車です。
中目黒駅のホームで電車を待っていると、やがて渋谷行きの各駅停車の電車がやってきました。
ちなみに各駅停車と言っても中目黒駅の次は代官山駅で、その次が終点の渋谷駅です。

最初、僕はホームで列に並んでいたのですが、電車が来て降りる人を待っている間、途中で気が変わって列から外れ、先頭車両のほうへと歩いて移動しました。というのも終点の渋谷駅の改札口が先頭車両の先だからです。

そして発車ベルが鳴ったところで、僕は近くのドアの前の、まだ入り切れていない列の、その最後に並びました。
列に並んでいた人々は次々に電車の中へ押し合います。

すると、もう少しで列の最後にいた僕が入り切るところで、僕の前にいた若者がドアの際のところに踏ん張って立ちました。
彼の奥には人1人分のスペースがぽっかり空いているのですが、その若者は後ろに下がらずにドア際の位置でホーム側を向いた状態で踏ん張っています。

気持ちはわかります。満員電車で人に囲まれるよりも窓際がいいし、降りる時にもすぐに降りられるからといった思惑があったのでしょう。
しかし、僕もその電車に乗らなければならないので、彼を押して僕の身体を電車に押し込みます。
それでも頑として動こうとしない若者。

結局僕はその若者の右側に滑り込んで、彼の後ろに空いていたスペースに身体を押し込みました。
その瞬間、ドアが閉まります。

と、その時。。。

その若者は、僕が背後に滑り込んだ時も避けようともせずに微動だにせずに窓際に踏ん張っていたわけです。
しかし彼は変に力んでいたため、タイミング悪く手に持っていたカバンと傘がドアの外に出ていて、閉まったドアに挟まれてしまいました。

もちろん若者は慌てて荷物を引きます。
カバンは抜けました。
しかし傘はドアに挟まったまま。

傘の下から10cmぐらいの部分が、ガシっとドアに挟まれていたのです。

このような時に、よく一度閉まったドアが一瞬開くことがありますよね。でも、この時はそれはなかった。

そして電車は若者の傘を挟んだまま、無情にも中目黒駅を出発しました。

電車の走行中、数回、グッ、と傘を引っ張って抜こうとする若者。

しかし抜けません。

ちなみに次の代官山駅は進行方向左側、つまり若者や僕のいる右側とは反対側のドアが開きます。
だから終点の渋谷駅までは進行方向右側のドアは開かないのです。

こんなドラマみたいなことを目の前で見れるなんて、なんて運がいいんだ、と僕はその時に思っていました。

ところが、代官山駅を過ぎたあたりで、ふと気がつきました。
というのも、渋谷駅は東横線の終点で、レーンが4つあるのです。

北方向に向かって一番左(西)側にもホームがあり、左の3レーンは列車の両側にホームがあるので、降車時には両側のドアが開きます。
しかし一番右(東)のレーンだけは、右側が壁になっていてホームはなく、左側のドアしか開きません。

その事に気がつき、もしその一番右のレーンにこの電車が入ったら、これはよく出来たコントだな、と思っていたら、そこに車内アナウンスが流れました。

『次は〜、渋谷〜渋谷〜。終点です。お荷物・・・』

そしてその次に続く言葉として、両側のドアが開く場合には『お出口は左側、右側の順番に両方のドアが開きます。』となるのですが、その日の電車のアナウンスは『お出口は左側です。』と。

その瞬間、吹き出しそうになり、それを抑えるのに必死でした。
おそらく僕の周囲にいた人たちでそのことに気がついた人も、同じ気持ちだったと思います。

そしてその若者も、気がついたのでしょうね。

1度力を入れて、傘をグっと引いていました。

しかし、抜けません。

満員電車で身動きが取れない中で、目の前でそれを見せられている僕は笑いをこらえるのに必死でした。

そして電車は渋谷へ到着します。

左側にはホーム。若者が窓から眺める右側には、無情にも壁看板。

そして左側のドアが開いたと同時に、乗客はドドっと降り始めました。

僕はその後若者がどうするのかを見届けたかったのですが、変に見ていて絡まれたりするのも嫌なので、何もなかったかのように人の流れとともに電車を降りました。

その後あの若者はどうしたのか、とても気になります。

A. 傘が抜けて降りた。
B. 傘は諦めて、傘は捨てて降り、ドアに挟まれた傘だけが車内に残った。
C. 傘は抜けず、しかたがなく乗ったまま折り返した。

あのドアの閉まり圧ってどのくらいなのでしょうか?やはり傘は抜けないのでしょうか?
傘は結構先から深い部分で挟まり、両脇ゴムの部分で押さえつけられていたため、まったく抜ける気配はありませんでした。

若者が最終的にどうなったかは知りませんが、結果は上記のABCのどれかですよね?

もし自分だったらどうするでしょうか。

それにしても、その日は朝からそのような出来事を目撃出来ただけで、なんだか明るい気分になりました。

無理をしてドア側をキープしようなどと踏ん張らず、混み合っている時には譲り合い、車中へ詰めていくようにした方がよい。
世の中自分だけではないのだから、他人の事も考えて共存していきましょう。力を抜いて、のんびり行こうよ、という良い教訓ですね。
posted by Coyama at 20:50| どうでもいいこと