2012年06月23日

美人の解釈

最近長野県小諸市での活動に関わるようになって、世の中が意外と農業や自然ブームだということを肌で感じるようになりました。
また卵が先か鶏が先かではありますが、それに伴って食についても様々な考えがあるようで、昨今の原発事件による食の安全性もありますが、一方で女性を対象に健康や美容を考えたものが取りあげられるようになってきていると感じています。

僕も美しい女性が好きですので、そのことに関しては何の否定もいたしません。
ただ、見た目や食にこだわったとしても、中身がきちんとしていないと魅力が薄れてしまうな、と感じることが時々あります。

10代や20代の若い女性は、それだけで美しいものです。周りからもチヤホヤされることも多いでしょうし、僕自身もきっとチヤホヤすると思います。
しかし男女限らず、人間は来る歳月を止めることはできず、やがて老いていきます。

その時に、若さや美しさを保つ努力を僕は否定しません。
食や健康などを考えて若さや美しさを保つ行為は、体にもよいことだと思います。
また「健全な精神は健全な肉体に宿る」とも言うように、心にもよいことでしょう。

ただ、若さや美しさを保とうとするその努力も、中身も磨かなければ意味がないと、僕は思います。
僕自身が年齢を重ね、多くの人たちと接してきた中で、中身が素晴らしい女性はどんなに年齢を重ねようと素敵だなと感じる一方で、中身の未成熟な女性に出会うことも残念ながらよくあります。

どういうところを残念に思うかというと、本当に基本的なところです。

・挨拶ができない
・ほほ笑むことが出来ない
・他人に救いの手を伸ばさない

上の2つは人としての基本中の基本で、わかりやすいことだと思います。
3つ目に関しては、マザーテレサのような渾身的な慈悲深さを言っているのではなく、日常生活の中でのほんの些細なことなのですが、たとえば道を歩いている時に他者の迷惑を考えず荷物を横に広げて道の真ん中を歩く人、電車に乗る時に降りる人を待たずに我先に乗り込む人。大勢でいる時に、離れた場所からものを渡す時に、その間にいる方が中間で受け取って先に渡してくれる方と、何もせずに知らぬそぶりをする方も時々見かけます。
もちろん女性に限らず、男性でもこのような方は多いですよね。
これらは、何も道を歩くな、電車に乗るな、と言っているわけではなく、他者のために自分に影響のない範囲でいいから道をあけ、共存したらどうかと僕は言いたいだけです。それも小さいことですが他者に救いを与えていることであるわけですから。

こういう些細なことが自然に出来ないと、どんなに見た目がよろしかろうが、身を向上させる食や健康に関しての知識を持っていようが、決して美しいとは呼べないし呼ばれないのだと僕は感じています。

昨年93歳で亡くなった僕の母方の祖母は、10年以上認知症を煩って亡くなったのですが、最後の数年間は施設へ入居していまいた。認知症ですので孫の僕のことなどはもうわからないのですが、それでも僕は盆暮れには顔を出して会いにいってました。

祖母が入居していたのは同じように認知症高齢者が暮らす施設だったのですが、そこを見ていると、本当に人生の最後の最後で、人の資質というのははっきりと現れるものなのだな、ということを感じました。
認知症になると、簡単には言えませんが要は子どもに戻るというか、理性が失われ心の奥底からの感情が表面化されるように思いました。

僕の祖母などは本当に穏やかで礼儀正しく、職員の方々からも好かれていたようなのですが、常に「恐れ入ります」や「ありがとうございます」「素敵ですねぇ」など丁寧な言葉を繰り返していました。
一方で、入居者の中には怒鳴り散らす人もいれば、汚い言葉を吐く人もいる。一方で何も言わず黙ったままの人もいる。
それが病気によって引き起こされた症状でもあるかもしれませんが、聞いたところでは認知症で理性が退化した分、理性で抑えていた人の本性の部分が現れる、ということなのだそうです。

つまり心の中では「コノヤロウ!」と思っていながらも、ぐっと堪えてニコニコへつらって生きてきた人は、年をとって脳が衰退した時に、本音の部分が表に出てしまい「コノヤロウ!」と怒鳴り散らすようになることもある。
悔しく思うことでも、他人を恨まず思いやったり、苦悩は自身を成長させるよい教材だと常に心の中で「ありがとう」と感謝が出来る人は、いざ理性が薄れていって本音の部分が表に出るようになっても、穏やかで何に対しても「ありがとう」と感謝して微笑んでいられるのだと思います。

人が最期を迎えるその時に、美しい人でした、と言われる人が、本当の美人なのかもしれません。
そして美人というのは、なにも女性だけを対象にした言葉ではなく、男女共に使われる言葉だと思います。
今から50年60年後に、日本にはどれだけの美人がいるのでしょうか。大きなお世話かもしれませんが、最近の10〜30代の日本の若者を見ていると、僕は時々不安に感じてしまうのです。
posted by Coyama at 19:51| 思ったこと・感じたこと