2012年06月18日

ブログのタイトル

ブログを始めて150日目。そういえばこのブログのタイトルについて説明したことはなかったので、ここに書いておきます。

もともと僕が10年前にデンマークへの渡欧を決意したきっかけは、冗談でもなんでもなく2000年8月20日のサザンオールスターズ茅ヶ崎ライブでした。
僕はあの日あの場所にいました。
2012061803.jpg

生まれてからずっと過ごしてきた故郷茅ヶ崎を大学進学を機に離れて4年、当時は東京で暮らしていたのですが、生まれ育った故郷茅ヶ崎はいつでも僕の心の中にありました。
もちろん今でもあります。

あの日、僕の人生で最も熱かった夏の日に、ライブの最後で、桑田佳祐さんが僕にこう言いました。
『茅ヶ崎をよろしく頼むよ!』
それが僕がデンマーク行きを決意したきっかけです。
100mぐらい離れていましたが、たぶんあれは僕に向かって言っていました。
そして僕はそれを受けて、愛する茅ヶ崎を守るため、まずは世界を見に行って、いつか日本を変えよう、そう思いました。

それから2年かけて準備を進め、2002年9月3日に僕は日本を発ちました。
その朝、僕は茅ヶ崎市の実家から羽田空港へ向かいました。羽田空港から関西国際空港へ向かい、そこからロシアのウラジオストックへ飛行機で向かいました。
先の何も見えない不安だらけの出国でしたので、羽田空港で飛行機を待っている間に涙が止まらなくなり、思わずトイレに駆け込みました。
成果を挙げられなければ二度と日本の土は踏まないと強く心に誓ったからです。
2012061801.jpg

関西国際空港へ向かう飛行機では、僕の席は機体右の窓際でした。
なぜデンマークまで陸路で行くのに、そこだけ飛行機だったのか。きっとそれは神様が用意した粋な演出だったのだと思います。
羽田空港から関西国際空港へ向かう飛行機は、茅ヶ崎上空を通過します。
羽田空港を発って数分後、僕の席から晴れ渡った眼下に見えてきた故郷茅ヶ崎を見て、再び涙が溢れ出てきました。
2012061802.jpg

そんな時に、機内ラジオからは桑田佳祐さんの歌が流れてきました。

「ROCK AND ROLL HERO」より
ロックン・ロールで Up Up と行こうじゃない Until we die.
艶っぽいショーを人生のために Ah…begin.
ノッて行こうぜPop Pop「死のう」は辛い 夢見たい
青春の同志よ 沈黙は愛じゃない



デンマークに到着して3ヶ月後、僕はクリスマスを本場のヨーロッパで迎え、デンマーク人の友人の家でとても素敵な時間を過ごさせていただきました。
2012061805.jpg

3ヶ月ではまだまだデンマーク語での会話能力も十分でなく、楽しさと、なかなか意志を伝えられない苦しさに悩んでいた時に、聞いていたのも、やはり桑田佳祐さんの歌でした。

「素敵な未来を見て欲しい」より
愛する誰かを守りたい
不安だらけの世の中だけど
見えない翼を広げたい
明日未来へ羽ばたくために


そして王立芸術アカデミー建築大学より6月末の面接試験を言い渡され、苦しみ始めたデンマークの長い冬。
授業以外は語学学校の寮の部屋に隠り、デンマーク語の勉強に没頭し、周りの友人から『もっと外に出ないとダメだ!』と非難されていた頃、やはり支えられたのも桑田佳祐さんとサザンオールスターズの歌でした。
あの頃は毎晩のように語学が上達しない苦しさともどかしさで、涙で枕を濡らしていました。
2012061804.jpg

デンマーク語での面接を経て運良くアカデミーへ受け入れてもらい、コペンハーゲンに移り住んで、アカデミーへ通う道すがらずっと聞いていたのも、やはりサザンオールスターズの曲で「涙の海で抱かれたい〜SEA OF LOVE〜」でした。
異国の地でも「やっぱ夏はサザンだな。あぁ、また夏が来るんだな。」と、あの頃は挫けそうになるといつも曲を聴き、気持ちを高ぶらせていました。

「涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜」より
振り向きもせず 夏は去くけど
また太陽は 空に燃えるだろう
さよなら僕の いとしの Angel
我が身は枯れても 愛は死なない


その頃の僕はコペンハーゲンの郊外に住んでいて、アカデミーへは電車で通っていました。
なので今でもその曲を聴くと、電車の窓から見えてくるコペンハーゲンの街並が頭に浮かんできます。
2012061806.jpg

アカデミーのバスツアーで行ったオランダで、海外で学ぶ外国人としての厳しさを味わった時にも、帰りのバスの中で、僕は涙をこらえながらサザンオールスターズの曲を聴いていました。
2012061807.jpg

「雨上がりにもう一度キスをして」より
「時間よ情熱の灯は消さないで」 青春は二度と帰らない
振り向かないで 涙をふいて 明日へと翔び立とう
あの頃は風まかせ 明日へと翔び立とう


そして一つの目標を達成し、日本への帰国の前に向かったグリーンランドの地で聞いていたのも、やはりサザンオールスターズの歌でした。
2012061808.jpg

「君こそスターだ」より
夜空の花火はもう消えた 祭りは燃え尽きた,Yeah…
だから生まれ変わらないと 歩いていかないと 太陽が照らす道を

うねりくる波に 乗るための勇気を 僕に与えてくれ
行くあてのないほどに つれぬ世の中だけど
頑張る君と 生きた時代に万歳

白いカモメとケセラセラ
新しい旅が始まる



あれから8年が経ち、その間もいろいろなことがありました。デンマークにも何度も行けました。
つらいことや苦しいこともたくさんありましたが、思い返してみると、あの語学学校の寮の部屋で流したような涙は、その時以来流していません。

たぶん乗り越えた先にある何かを、体験して知っているからなのかもしれません。

今、とりあえず先も何も見えない不安の中で、それでも何かをしなければいけない・何かをしたいと思い、よくわからないままに書き続けているこのブログのタイトルには、実はそんな過去の経験と、今の気持ちと、未来への希望が込められているのです。

「明日晴れるかな」より
在りし日の己れを愛するために 想い出は美しくあるのさ
遠い過去よりまだ見ぬ人生は 夢ひとつ叶えるためにある
奇跡のドアを開けるのは誰? 微笑よもう一度だけ
君は気付くでしょうか? その鍵はもう きみの手のひらの上に

why baby? Oh, tell me. 「愛」失くして「憎」も無い?
見て見ないようなフリ その身を守るため?
Oh, baby. You're maybe. もう少しの勝負じゃない!!
くじけそうな Feeling 乗り越えて One more chance.
posted by Coyama at 21:45| どうでもいいこと