2012年06月10日

1800年代 − 要塞都市からの解放と発展 ー

スレスヴィグ、ホルステンとの国境問題は結局解決せず、デンマークとの間に再び戦いが始まりました。戦いはその後3年間続き、結果デンマークが勝利しました。
2012061001.jpg
△ 1850年の兵士の帰還。旧広場の様子

そして1852年に、ついにコペンハーゲンを覆っていた城壁は街の拡大のために開かれました。
これにより都市は拡大していくのですが、1853年の夏にはコレラの大発生が起こりコペンハーゲンでは約5,000人の住民が亡くなりました。
2012061002.jpg
△ 1853年、コペンハーゲン郊外のコレラ患者隔離所

この頃、デンマーク王立芸術アカデミーの校長を勤めたM.G.ビンデスボウル教授は独創的な建築家でした。
彼の最初の単独設計であるトーバルセン美術館の古典様式はC.F.ハンセンのものとは異なりカラフルかつ官能的で、それは古典主義の終わりへのアプローチとなりました。

2012061003.JPG
△ トーバルセン博物館

1856年に完全に防壁はその機能を失います。
そしてコペンハーゲンは防備を固める要塞としての役割から解放されました。

ここから、コペンハーゲンの街は新たに郊外へ向けて急激な発展をしていくのです。
2012061004.jpg
△ 1800年のコペンハーゲン。完成された要塞都市

2012061005.jpg
△ 1857年の西門の様子。街を囲っていた防壁を取り除いている様子が分かる。

2012061006.jpg
△ 19世紀の要塞都市コペンハーゲンの鳥瞰図

コペンハーゲンの都市史 −ひとまず完ー
posted by Coyama at 20:17| コペンハーゲンの都市史