2012年06月08日

1800年代 − 無血革命 ー

1848年にはついにスレスヴィグ=ホルステン公国の国民の不満が爆発し、デンマークとの戦争になりました。最初はデンマーク軍が勝利していましたが、不利になったスレスヴィグ=ホルステンはドイツと同盟を組み、ドイツ・スレスヴィグ=ホルステン連合軍はユラン半島を制圧しました。
2012060802.jpg
△ 1848年のスレスヴィグ=ホルステンとの戦い

この戦いにおいてはイギリスが仲介に入りひとまず解決はするのですが、この紛争を解決する能力を絶対王政が持っていないことにデンマーク国民の怒りは頂点に達しました。
そして1848年3月21日、コペンハーゲンの市議会議員と1万5千人の市民が大挙して王宮におしかけ、1月に即位したばかりのフレデリック7世王に政治の開放と自由憲法の制定を要求しました。
2012060801.jpg
△1848年3月21日のクリスチャンス宮殿までの市民デモ。右の建物の最上階は哲学者グルントヴィの住居であり、窓から彼が覗いている。

これによりフレデリック7世王は絶対王制を廃止することを承諾し、民主主義政治を導入することを決めました。
こうして無血革命のもとに1849年6月5日にデンマークに自由憲法が施行され、デンマークは絶対王政から立憲君主制の民主主義国家へ生まれ変わりました。
これによりフレデリック7世王は国に対する権力を失いましたが、それでも彼はデンマークの王であることに変わりはありませんでした。
posted by Coyama at 23:54| コペンハーゲンの都市史