2012年02月24日

多摩ニュータウンの未来(前編)

地方都市において、住民の少子高齢化と農家の後継者不足によって引き起こされている問題の一つに、耕作放棄地の増加があります。
DSCF7960.jpg

しかし「地方都市では耕作放棄地が増えている」という言葉だけを聞くと、田舎に行くと草ボーボーの空き地が転々と増えてきている、とイメージするかもしれませんが、実態はそうでもありません。
ただし耕作放棄地は確実に増えています。要はその耕作を放棄をされる農地に、特徴があるということです。

普通に考えるとわかることですが、住宅地にも高級住宅地から郊外の地価の安い住宅地があるように、農地にも一等地などの階級のようなものがあると思います。実際にそういった階級があるのかは知りませんが、日当りがよく交通の便のよいところは当然ながらよい農地なわけです。
そのため使い勝手の良い平野部にあるような農地は耕作放棄地にはなりにくい。例えば新幹線の車窓から地方都市を通過する際に見える田園風景。その風景の中にはあまり耕作放棄地を見かけることは少ないですよね。
それは使い勝手のよい平野部の農地だからということもあると思います。
DSCF4816.jpg

いくら農家の数が減るとはいえ、機械や近代農法などの進歩で、昔に比べれば少ない人数でも広い農地を管理することが可能になりました。またいくら減退しているとはいえ「農業」そのものが無くなるということはなく、もし一等農地の担い手などがいなくなり耕作放棄をされていくような状況になれば、収量を上げたいと思っている近隣農家はすぐに目を付け借りるもしくは購入を検討していくことになります。
2010_0711II.jpg

もし借り手がいないような場合でも、その立地条件から宅地転用されて住宅地になることも少なくないのです。

では前述の耕作放棄地がどのような場所から増えているのかと言うと、地方都市の、さらに外側の、山間にある不便な土地から、徐々に担い手がいなくなり耕作を放棄され、荒れ地になっていくのです。
もともと平野部の農耕に適した農地が埋まっていき、溢れたり拡大を求める人たちが、新たに農地を切り開いていったのが山間にあるような農地なわけです。
09081313.jpg

またこのような山間地や斜面の農地などは、不便という理由の他にも、機械化などが進んできた現在において、機械の扱いや横転などによる事故を誘引することもあります。
2011_0416CB.jpg

ですので農地の耕作放棄が進んでいくとなると、まずは拡大した先である山間の不便な農地から放棄されていくのが自然と言えるわけです。

ちなみにこの話には数値やデータなどの根拠はありません。農家の方の話や、僕自身が目にしてきたことからの推測に過ぎません。
しかし普通に考えてみても、立地のよい農地から耕作放棄地になり立地の悪いところに農家が残るというよりも、立地の悪い土地から耕作放棄地となり立地のよい農地が残っていく、といったほうが、自然な考えだと思います。
2011_05022AX2.jpg

なぜこのようなことを書いたかと言うと、これは農地だけに言える問題ではないと思ったからです。

例えば東京都心で、居住選択となった時には、勤務先や都心、賑わいのある場所に近ければ近いほどよいと思うのが人間です。そして交通の便など悪いところは敬遠されがちになります。

これから人口が減っていく中で、都心ではどこから人が減っていくかといえば、多摩ニュータウンのような、高度成長期の人口増加に対応するため山間部を切り開いて作られたような場所から、徐々に人は減っていくのではないでしょうか。
DSCF9824.jpg

そう考えると、多摩ニュータウンの未来もそう明るくはありません。
ただし指をくわえて見ていても何も改善はされません。
そのような予測が立てられるのであれば、それを防ぐための策を講じていくこともできます。

では、どうするとよいのか。その続きはまた明日。
posted by Coyama at 23:01| 多摩ニュータウンのこと