2012年07月06日

わが身をつねって、人の痛さを知れ

先日ノートルダム清心女子学園理事長の渡辺和子さんが書かれた「置かれた場所で咲きなさい」という本を書店で見かけて購入したところ、その中に次のようなお話がありました。

*****以下前述著書より抜粋*****
3歳ぐらいの子どもを連れた母親が、水道工事をしている人たちのそばを通りながら語って聞かせています。
「おじさんたちが、こうして働いてくださるおかげで、坊やはおいしいお水が飲めるのよ。ありがとうといって通りましょうね」
同じところを、これまた幼い子を連れた別の母親が通りかかります。子どもに向かって言いました。
「坊やも勉強しないと、こういうお仕事をしないといけなくなるのよ」
価値観はこのようにして、親から子どもに伝えられることがあるのです。

(中略)

「わが身をつねって、人の痛さを知れ」意地の悪い私が、母からよく聞かされた言葉です。

(中略)

「人をつねってはいけない」と、禁止の言葉で教えるのではなく、まず自分自身をつねって、つねられた痛みのわかる人になりなさいということでした。
価値観は言葉以上に、それを実行している人の姿によって伝えられるものなのです。
*****

僕自身が生活し、本当に多くの人たちと関わっていく中で、上記の前者の母親のような方は本当にいるのだろうかと感じています。
きっとこれを読まれている方で「いるわよ」「あなたが出会っていないだけよ」とか、上記の文を読んで「そうそう」だとか「自分は前者的な考えで生きているつもり」と思う人も多いことでしょう。

でも本当にそうですか?もう一度深く考えてみてください。
僕自身も、理屈ではわかっていても、時に上記の分の後者的な考えになる部分があります。
その都度気づいた時には反省をするのですが、おそらく気がつかずに行動をしていることもよくあるのだと思っています。

このことは、以前僕が書いた、大学で見かける学生さんたちと掃除のスタッフの方々の関係に感じていることと似たようなことなのだと思います。
http://faelles-design.sblo.jp/archives/20120124-1.html

また同じく以前に書いた、自分の行動や場を正と捉えてしまい、社会との繋がりが見えていないことにも似ていると思います。
http://faelles-design.sblo.jp/archives/20120322-1.html

僕自身、これからどうなっていくのかはわかりませんが、少なくとも今の世の風潮に流されることなく、まず自分自身をつねって、つねられた痛みのわかる人になりたいと思っています。

前述の著書には他にも数々のよいお話が書かれていました。興味のある方はお手を取り読まれてみてはいかがでしょうか。読んで損のない、素敵な本だと思いました。
posted by Coyama at 20:16| 思ったこと・感じたこと

2012年07月05日

グリーンランド研究 − 第二次世界大戦 −

1940年にデンマークがドイツ軍に占領された時、デンマークはアメリカと次のような取り決めを交わしました。
『デンマークのグリーンランドの統治権は保護するものの、戦争の期間中はアメリカがグリーンランドへの経済援助を行いグリーンランドを統治する。』

そして1941年にアメリカはグリーンランドの各地に大西洋を護衛するための空軍基地を建設しました。
そこでは採掘作業が行われ、氷晶石などの鉱石の販売増加による収入は島に駐留するアメリカ軍の軍資金として使用されました。
2012070501.jpg
△ アメリカ空軍基地の位置

第二次世界大戦後もしばらくはデンマークはアメリカとNATO加盟国との協力体制によるグリーンランドの外交政策を続けますが、1951年に正式にグリーンランドはデンマークに返還されました。
この時アメリカは島の北部に巨大なテューレ空軍基地の建設許可を与えられ、東グリーンランドのKulusukと西グリーンランドのSondraStromフィヨルドの基地も継続管理しました。

今日ではテューレ空軍基地だけがアメリカの指揮下にあり、他の空港はグリーンランド政府により管理され、Kangerlussuaq(カンガルースアク)やNarsarsuaq(ナサスアク)はグリーンランドの国際空港として利用されています。
posted by Coyama at 21:33| グリーンランドのこと

2012年07月04日

我が物と思えば軽し笠の雪

以前、ふと立ち寄った近所の神社で東京都神社庁の出している今月のお言葉(生命の言葉)が出ていました。

その時の言葉は『我が物と思えば軽し笠の雪/宝井其角』

言葉の意味は「いやいや荷物を持てば、本当は軽いはずのものも重く感じてしまう。人生は心の置きどころひとつで、楽しくもなり悲しくもなる。ものの見方を変え、心を積極的肯定的に向けていけば、難有るもまた有り難しである。」ということ。

なるほど。

この『難有るもまた有り難し』ってのもまたすごい言葉ですね。

そう言えば僕はある時から神社に参った時に、あることを変えました。

それは、神社などにお参りをする時に、賽銭箱にお賽銭を投げ入れて手を合わせて祈るわけですが、以前の僕はその際に「いいことがありますように」「結婚出来ますように」「健康でいられますように」「病気が治りますように」などいつも『お願い』をしていました。

でも、神様がその願いを聞いてくれたとして、その後はどうなるのだろうかとある時思ったわけです。
神様からしてみると、頼まれるだけ頼まれて、叶えたところで叶えたほどの感謝をされず、叶えなかったら責められ恨まれ。
そう考えると神様というのは骨折り損のくたびれ儲け的な職業だなと思ったわけです。

それまで僕は神社の神様というのは手を合わせれば願いを叶えてくれるものだと思い、お賽銭を投げ入れて頭の中でお願いをつぶやいて手を合わせて祈っていました。

ただ、神様の身になって考えてみてからは、お賽銭入れて手を合わせ、「いつもありがとうございます」と一言いうだけにしました。
願いは言わない。無茶は言わない。お礼もできないことへのお願いはしない。

それに神様だって人間と同じで感謝されていると嬉しいでしょうし、でも逆にいつも感謝ばかりされていると「何か困っていることがあるなら力になるよ」とあちらのほうから助けてくれるようになるのではないかと思いました。

まぁそんな計算高さはありながらも、僕はもうあまり神社の神様にあれもこれも頼むのではなく、今生きていられることに感謝だけしようと思い、神社で手を合わせる時にはただ一言「いつもありがとうございます。」と言うことにしたのです。

命あるだけでも良し。そのことこそ感謝に値する。ないものねだりはやめる。

まさに『我が物と思えば軽し笠の雪』ですね。
posted by Coyama at 22:12| 思ったこと・感じたこと

2012年07月03日

グリーンランド研究 − グリーンランドの都市/Narsaq(ナーサク)−

2012070301.jpg

険しい山の裾野に広がる平原に1830年に貿易港として作られた「Nordproven(デンマーク語で「北の約束」という意味)」の町は、1959年にグリーンランド語で「平原」という意味を持つ「ナーサク」として再組織されました。

現在では1,700人が暮らし、周囲の居留地には370人の人々が羊牧場などをしながら生活しています。
2012070303.jpg
△ ナーサクの町

ナーサクはグリーンランド唯一の屠殺場があります。グリーンランドで最も古い毛皮商Eskimo Pels社はこの町にあり、会社は二股手袋から毛皮まで幅広いアザラシの加工製品を製造販売しています。
氷原から氷を切り出すGreenland Ice Cap Productions社もこの町にあります。

この町の経済は魚の加工場、羊牧場、そして観光業から成り立っています。
町が氷原に近いため、港の面する大河にはたくさんの氷山が流れ込み、観光ボートが出航する港として適しているのです。
2012070302.jpg
△ ナーサクの港

またこの街の近くの谷には希少な鉱石が集中しており、地質マニアには黄金卿として知られています。
posted by Coyama at 20:21| 思ったこと・感じたこと

2012年07月02日

知らせ

以前祖父の葬儀の際に、葬儀を行ったお寺の住職が話してくださった話で、「気づき」というか「知らせ」といったようなものがありました。
飛行機の墜落事故で、搭乗予定者が直前になって急に飛行機に乗りたくなくなり、キャンセルをして新幹線に変えて難を逃れた人の話の後、話題はこのころ住職の身近で起きた話になりました。

その日の数日前に、檀家の8歳になる女の子が脳腫瘍で亡くなられたのだそうです。
その2,3ヶ月前の夏のこと、お寺で一日合宿があり、その子も参加をしていたのだそうです。

その夜、住職は参加している子供達40名近くを本堂に集め、電気はつけずロウソク1本を灯し、恐い話をしていました。
それほど大きくはない本堂で、子供が40人も入ればいっぱいになります。

本堂には、天井から人天蓋と呼ばれる黄金色の大きな飾り物のようなものが釣下っています。
2012070201.jpg

普段お経をあげる台座の上に吊るされた黄金の囲い屋根のようなものですが、その4隅のうちの1本が、怪談中に、下から30cmぐらいのところから切れて落ちたのだそうです。

そしてその下には、その亡くなった女の子が座っていて、頭を直撃したのだと言います。

この飾りも、普通は切れることなどありません。
住職が泣き出したその子の頭をなでた時には、すでに大きなたんこぶが出来ていたのだそうです。

その2,3ヶ月後、その子の親御さんが「最近うちの子はよく転んだりしておかしいんですよ。」と言うので、住職は病院に連れて行くことを薦めたのだそうですが、病院に連れて行った時には残念ながらすでに手遅れだったのだそうです。

住職が言うには、あの時その女の子の頭上に飾りが落ちたのは、早くこの子を病院に連れて行け、という神様や仏様の声だったのではないのか、と。「この子の頭に危険が迫っている」と知らせだったのではないか。
あの時病院に連れて行っていたら、早期発見ができたのかもしれない。それが悔やまれてならなりません、と。

そして、普段何気ないところにそういった「気づき」や「知らせ」はあるんです。それを気づけるか気づけないか。といったことを住職が話していました。

その女の子のご冥福をお祈りするとともに、参考になるとてもよいお話だったと思います。

その後お経が始まると、どこからともなく1匹のハエがやってきて、しばらく喪主で長男である叔父の頭に止まっていたらしいです。僕は飛んでいるのは気がつかなかったのですが、従妹たちは見ていたらしいです。

そのような話をお寺からお墓に向かう時にしていて「あれはきっとおじいちゃんなのでは?」という話になりました。

みなで「いい話だけど、ハエって・・・」みたいなことを話していたのですが、お墓参りの後、移動しようと乗り込んだ車の中に1匹の蚊が現れました。

ハエの話を聞いた後なので、これもそういうものなのかと思ったのですが、その蚊が運転席の叔父の前に飛んでいった時に、、、

『パンッ!』と叔父は手で蚊を叩き潰しました。。。。。Σ(゚口゚;

話の流れから、「それはおじいちゃんの魂が姿を変えて現れていたのでは!?」と言うと、叔父は「蚊じゃねぇか。刺されたらあれだろ?」と一言。

みなさんも没後に姿を変えて親族の前に現れる際には、なるべく蝶などの美しい姿で現れることをお勧めいたします。
posted by Coyama at 23:56| 思ったこと・感じたこと