2012年06月15日

先輩からの教育

前職で関わった仕事で、年度が終わった後の5月末で締め切りの業務があり、その業務の担当を僕が丸投げさせられたのですが、前職の雇用は年度末の3月末で終わりだったため、3月末までに提出用の報告書を完成するように言われ、実際にその期日で終わらせました。

その業務は前職の雇用先と協力先とで行ったものであり、協力先にはすでに12月の年末の時点で、雇用先が3月末で閉鎖のため5月末までの対応が出来ず、報告書の納品は3月末で終わらせてもらうという内容は伝え、了承もいただいていました。

しかし2月末頃から、最終的な引き渡し等の打ち合わせをしようと連絡をしても協力先からはまったく返答がありません。
メールをしても返答はなく、それではよくないからと電話をし、不在だったので伝言を頼んでも返答はなし。
3月中に納品が出来なければ、その後では説明してのお渡しは出来ないということを伝えても、反応はなし。
結局3月末まで先方からは何の連絡はなく、僕の雇用も3月末をもって終わったため、最後に雇用先の責任者(もともとその仕事を受けた人)からの指示で協力先には手紙を送っておきました。
手紙の内容は、提出する報告書に関しては全てを揃えて雇用先の責任者に渡してあるということ、今後の連絡は僕ではなくその責任者にしてくださいとのことを記しておきました。
ちなみにその手紙に関しても、先方からはその後なんの返事もありませんでした。

僕の方で用意した内容に関しては特に問題があるようなものでもなく、またこちらも出来るだけのアプローチはしましたので、その後はよほどのことがない限り問題はないだろうと思っていました。

ところが締め切りの5月末日の当日の朝になって、協力先から「報告書を今日提出しなければいけないのですが、報告書は責任者から受け取ったもののパソコンデータを受け取っていません。それらもCD等で提出しなければならず、至急送って下さい。今日提出しなければなりません。」とのメールが突然届きました。

世の中どうしてこのような大人が増えてしまったのでしょうか。

ちなみに僕はそれら提出物は全て把握していましたので、報告書に関しては紙媒体だけではなくデータをきちんとCD-ROMに焼き、わかりやすく全てをひとまとめにして責任者に渡しておきました。
そしてその責任者もそのまま先方に渡したのだそうです。

僕があれだけ不備を防ぐために先方に直接お会いして納品するなど、こちらから何度も面会をお願いしたのに一切返事をすることなく無視しておいて、必要になった時に突然頼ってくる。
それでも数日前に言ってもらえればなんとか対応も出来たと思うのですが、締め切り当日になって突然言われても対応は出来ません。

その方に関してとやかく言うつもりはありません。

僕はその朝の連絡に対して無視することも出来ましたが、一応「私に聞かれても私の雇用は何度もご連絡させていただいた通り3月末で打ち切られ、前職に関するデータは全て責任者に渡しており、私は所有しておりません。責任者へお問い合わせください。ちなみにデータ提出の件は私も存じてましたので、3月末にCD-ROMに焼いて責任者へお渡ししました。」と正直なことを返しておきました。
僕個人の業務であればわかるのですが、雇われの身だった僕が職を解かれた後に、その業務のデータを所有していることはありません。考えてもわかることだと思うのですが、世の中にはそれが通じない人たちも増えてきていることを実感しています。

それにこの世は因果応報、自分が他人に行ったことは、いずれ巡り巡って自分に返ってきます。
ここで僕が無視をしたら、先方と同じ人間になってしまうわけです。
だから必要ないのでしょうが、僕は返事をしました。

それにしても、他者のことは考えずに自分の都合のよいような行為を平気でしている今の日本の大人たちを見ていると、本当に日本に明るい未来はないなとがっかりさせられるのですが、少なくとも僕はそのような大人にはなりたくありませんので、情けない行為を、真似しないようにしようと心がけています。


人間の行為には2つの学習があり、1つは自分が先輩からされたとは世の習いとして当然のことだから後輩にも強いていくというのと、もう1つは先輩からされて間違っていることは自分のところで止めて後輩に良き部分を送っていく、というもの。
今の日本の大人たちには、圧倒的に前者が多いと、僕は感じています。

そういえばその協力先からのメールには、お願いの後に追伸として、その方が行っている活動の近況や是非見学に来て下さいとの言葉が添えられていました。
僕が苦境にあることを知っていながら、何かあれば相談に来いなどとの言葉一つなく、自分のやっていることの自慢話。
なぜなのでしょうね。

・自分に必要のない時・忙しい時は無視して自分が必要になった時にいいように他人を利用する
・人に気をかけない・協力はしないが、自身の自慢や宣伝はきっちりとする

という典型的な最近の大人の行動。僕自身もそのような行為をしないわけではなく、時に思い当たる節もあります。気をつけていかないといけません。
きっとその方々は、あえて自分がそのような言動をすることで、僕を教育してくださっているのだと思います。
僕はそのようによい方向に捉えて考えることにして、反面教師として学ばせていただいた先輩方にも、感謝をしようと思っています。ありがとうございました。
posted by Coyama at 23:04| 思ったこと・感じたこと