2012年06月12日

グリーンランド研究 − グリーンランドの都市/Paamiut(パーミウト) −

1742年に設立されたPaamiut(パーミウト)の町はKuannersooqフィヨルドの河口に位置し、町の名前は「河口の民」という意味を持ち、現在は約2000人の人が暮らしています。
2012061301.jpg
△ 植民地時代のパーミウト

町の中心部にある郷土博物館は19世紀の建物で、魚の塩漬け工場と大工の作業場が併設され見学する事ができます。また町のシンボルでもある特徴的な木造の教会は1909年に建てられたものです。
2012061302.jpg
△ パーミウトの教会

他にグリーンランド商船学校やロウソク工場などもこの町にあります。

この町の主な産業は漁業ですが、春と夏は海の交通が氷原から流れ落ちる氷山によって邪魔をされます。
それでも海に浮かぶ氷山の姿はとても魅力的で、多くの観光客も訪れています。

他にもこの土地はグリーンランド最大の「オジロワシ(海ワシ)」の生息地でもあり、野生のオジロワシを観察することができます。さらに夏から秋にかけては、この近海でかなりの確率でクジラに遭遇する事ができます。その種類はナガスクジラ、シャチ、ザトウクジラなど様々です。
posted by Coyama at 23:24| グリーンランドのこと