2012年06月06日

人を見たら「水戸のご老公」と思え

人間は長年生きてくると、自身の経験から導く考えが「正しい」と思い込むようになってしまいます。
それは先入観や謝った認識に繋がることもあるのですが、悲しいかな本人はそれには気づくことがないのです。
そのようなことが、年を取れば取るほど起きてくるのが人間です。

確かに、経験や自信は大切なことです。
しかし時にそれが失敗に繋がることもよくあります。

「自分が思っていることは正しい。それは今までの経験から導きだした結論だから。自分はそれを経験しているからわかっている。」と思う人は今も昔もとても多いです。
そしてその考えも、その目論みも、正しいことではあります。

しかしそれは「100%」正しいわけではありません。

たぶん「自分の考えは80%正しい」と思うくらいが、本来はちょうど良いのだと僕は思います。

「100%正しい」と思い込んでしまっている人間ほど、たちの悪いものはありません。

例えば、先日も書いた「種を蒔けば実を収穫出来る」という過程にも、100%はないのです。
「連作障害」という言葉があります。トマトやナスなど、その年栽培した土地で翌年も同じ野菜を栽培すると作物が病気にかかりやすくなることを言います。
これらは野菜によって異なるわけですが、全ての野菜がそうなるわけではありません。
しかしそのことに最初に気がついた人はすごいと思います。専門家ではなくても農家でも経験としてそのようなことを知っていたと思うのですが、そこがすごいな、と。

何がすごいのかというと、そのことを知るには、かなりの年月を要するということだということです。

人間の考えからいけば、「畑にトマトを植えました。」「おいしい実がなりました。」「評判でした。」「よし、翌年もトマトを作るぞ!」となる。
そして作ってみたら、「ん?去年とどうも様子が違うぞ?」「なんでだろう?」

「たまたまこの年は不作だったんだな。天候も不順だったし。」「翌年は経験を活かして最初の年のようなトマトを作るぞ!」

翌年、「あれ?うまくできない・・・」「なんでだろう・・・?」

こんなことを繰り返したのでしょう。そしてなんだかわからないけどトマトやナスは毎年同じ場所で作らない方がいいということを知るのに、気の長い年月をかけたのだと思います。もしかしたら1代ではなく何代も語り継がれてようやく知られたこともあると思われ、そこがすごいと僕は思うのです。

そんな中で、文明が進みやがて科学的に証明されたのが「連作障害」というもの。
これは「種を植えれば実がなる」という考えを覆すことになったわけです。

さらにこの経験から、「野菜は毎年同じものを植えない方がいい」という考えになると、中にはそうでもない野菜もあるわけで、『「野菜は毎年同じものを植えない方がいい」という考え』も100%正しい意見ではないのです。

世の中は、実際にはそのようなことで溢れています。

そしてそこに生きる多くの人たちが、自分たちの多くの経験から、100%自信と確信を持って真実を言い当てることが出来るようになるとき、大抵の人は残念ながら寿命が来て死んでしまいます。

ちなみに人は生まれてきて必ず死ぬというのも、100%正しい考えではないと、僕は思います。
もしかするとこの世には死なない人間がいるかもしれないからです。それが間違いだとは100%言いきれません。
常識的に「人は100%死ぬのだ」と言う人もいるでしょうが、実はこの世のどこかには縄文時代や大航海時代から生き存えている人もいるかもしれない。本人がそのことを黙っていれば誰にもわからないのです。

世の中には真理は常に2つあります。逆もまた真なり、です。

だから「自分の考えは100%正しい」と思い込むのはよくないと、僕は思います。
50%とはいかなくとも、「自分の考えは80%は正しい。ただし20%の例外もある。」と常に思っていた方がいい。

その20%はどういう働きをするかと言ったら、「謙虚」に繋がります。

『100%正しい思想』の人間は「なんだこの老いぼれじじい」と邪険にする。
『80%正しい思想』の人間は「しょうがないじいさんだな。おい、大丈夫かい?」と気にかける。
20時45分、葵の御紋と共にじいさんの正体が明らかになったとき、『100%正しい思想』の人間は激しく後悔するのだが、後の祭り。
『80%正しい思想』の人間は「えぇぇぇ!あぁ、粗相をしなくてよかった。」とホッとするのです。

何が言いたいのかというと、人間という生き物は年を取れば取る程、先入観や経験から来る自信で他人に対し決め付けでものを話すようになるということです。

『老いぼれじじい』はただの『ちりめん問屋の隠居』かもしれない。しかしごくまれに『水戸のご老公』ということもある。
人生でたくさんのじじいに出会うなかで、『水戸のご老公』に会う確率はほとんどないかも知れないが、知らいうちに『水戸のご老公』と会っていても粗相のないように、『じじいは100%ちりめん問屋の隠居だ!』ではなく『じじいは80%ちりめん問屋の隠居だと思うが20%はもしかすると水戸のご老公なんてこともあるかも』と親切に接しておくよう心がけておくとよいのです。
なんなら『じじいはみな「水戸のご老公」かもしれないから、出会うじじいには親切にしよう。』『じじいを見たら「水戸のご老公」と思え』、いや、年とってからあのようなことをしているくらいだから実は若い頃から似たようなことをしていたかもしれないわけで、『人を見たら「水戸のご老公」と思え』なんて思うのが一番いいかもしれません。

それを簡単に言い表すと『自信を持つことは大事だが、常に謙虚たれ』ということで、僕自身は常にそう思う人間でありたいと思っているのです。
もちろんこの僕の考えも、80%程度の信憑性しかないかもしれず、20%は全然違うのかもしれませんが。
posted by Coyama at 18:08| 思ったこと・感じたこと