2012年06月30日

トイレ考

先日、東京の街中を歩いていた時にバキュームカーを見かけました。
今では珍しくなったバキュームカーですが、僕が子どもの頃はそれなりに見かけていた記憶があります。
横を通る時はいつも息を止めていました。

そんなバキュームカーを、先日見かけた時には息をひそめるどころか、逆に「いいなぁ〜、お宝だなぁ〜」と思ってしまい、思った後でそのようなことを考えた自分に驚きました。

なぜ僕がそれを「いいな」と思ったのかというと、排泄物は畑へのよい肥料になるからです。
長野県小諸市で畑作業などにも関わるようになり、自然と感化されているのだと思います。都会に住み続けていたらまず思わないことだと思いますので、個人的にはよい経験を積ませていただいているなと感謝しています。

排泄物を肥料に使うことに関しては、昔から畑の近くには「肥だめ」があり、そこに排泄物を溜めておいて使用していたということは、周知のことと思います。

そのために農耕民族だった日本のトイレは汲取式になっていたわけで、そういえば祖父の家も昔は汲取式のいわゆる「ボットン便所」で、子どもの頃はあの穴に落ちやしないかと恐怖に感じて用をたすことが出来なかった記憶があります。

そんなことを考えていたら、そういえばなぜ便器は和式(しゃがみタイプ)と洋式(腰掛けタイプ)で違うのか。という疑問が湧いてきました。
だって欧米だってその昔は排便はもともと土に穴を掘ってやっていたわけです。それがいつから座って行うものになったのでしょうか。

以前デンマークにあるローゼンボー城という中世のお城を見学した時に見たトイレは、やはり腰掛けタイプのものでした。
2012063001.jpg

おそらく17世紀頃にはすでにこの腰掛けタイプが主流となっていたのだと思います。
2012063002.jpg

当然ながらしゃがむタイプよりも腰掛けタイプの方が楽なわけですから、日本だって腰掛けタイプの便器が早々と採用されてもよかったのに、現在に至るまでしゃがみタイプが使われてきたことには、きっと何かの理由があるのだと思います。

そういえば小学生などではまだ和式便所を使っているところが多いようなのですが、すでに一般家庭では洋式が当たり前になっていて小学生が和式便所の使い方を知らず、知らないために使用できずに我慢してしまうと言う問題が起きている、と聞いたことがあります。
そういうこともあり小学校など公共施設では徐々に便器を洋式に変えていっているのだそうです。

調べてみると、日本で洋式トイレが使用され始めたのは戦後のことで、敗戦国となった日本にやってきたアメリカ軍が、食文化として生野菜を食べるサラダを持ち込んだ際に、その衛生面からし尿の使用を制限したことで汲取式が排除されていったり、便利な化学肥料が出てきたため排泄物を溜めておいて利用しなくてもよくなったり、上下水道が整備されていったことで洋式トイレが増えていったのだといいます。

ちなみにそのようなことで日本に持ち込まれた洋式トイレは進化を続け、ウォシュレットや便座ウォーマーなどの機能を身につけていったわけですが、今度はそれを海外が逆輸入しているということを、耳にした方も多いと思います。
日本に観光に来た外国人が日本の便座に感激し、ウォシュレットをお土産で買って帰るのだ、と。

しかし欧米ではトイレは主にバスルームにあり、シャワーと一緒にあります。
漏電を考えると、当然ながら電気を使うウォシュレットは、欧米のトイレには設置できないのです。

そんなことをいろいろと考え始めると気になるところはたくさんあるわけで、トイレに関しては今後も考察を深めていきたい興味深き課題なのであります。
posted by Coyama at 22:55| 思ったこと・感じたこと

2012年06月29日

現実よりもイメージ

現在進めているあるマルシェ企画で長野県の生産品を扱うのですが、その際に地元ならではの食べ方・レシピがあるといいのですが、とリクエストがありました。

気持ちはとてもよくわかるのですが、日本において都心部ではそれほどに知られていないが地方では普通に食べられているという食べ方は、あるようで実際にはそれほどありません。

もちろん郷土料理はそれぞれに地域にあるわけですが、ではマルシェで扱うようなレタスやキャベツ、ブロッコリーやラディッシュを地方ではどのように食べているのかというと、生サラダだったり煮たり焼いたりと、実は都会で食べているのと同じような食べ方で食べられているわけです。

長野県だからといって、なんでも信州味噌につけて食べるわけでもありません。

時々テレビを見ていると、世界各国の料理の紹介があって、デンマークの場合はかなりの確率でオープンサンドが取り上げられます。しかもなぜかいつも決まってサーモンのオープンサンド。

でも実際、それをデンマークで食べているかというと、僕はほとんど食べた記憶がありません。

デンマークでもデンマークの家庭でよく食べられる定番料理はあるのですが、それらはあまり取り上げられず、なぜかオープンサンドが取り上げられるから不思議です。おそらくサーモンのオープンサンドは「北欧・デンマーク」のイメージになってしまっているのだと思います。
なので地元ではあまり食べられていないものでも、そのイメージで取り上げられてしまうのです。

勘違いしないでいただきたいのは、デンマークでもオープンサンドは普通に食べられてます。しかし日本のテレビ番組などで取り上げられるような色鮮やかなサーモンに新鮮レタスの乗ったものではなく、ドス黒くずっしり重たそうな黒パンの上にニシンの酢漬けを乗せて食べたり、薄茶色をしたレバーペーストを塗って食べたりするものが一般的です。
2012062902.jpg

またパンにチーズを乗せ、ハムを乗せて食べたりもします。
2012062903.jpg

またパンだけではなく、肉料理も多いのですが、それが見た目にはハンバーグのようであったり、日本では売られていないような厚い皮のついた豚肉のオーブン焼き(味付けは塩と胡椒)だったりと、日本で「これが北欧・デンマークの料理です」と取り上げるにはぱっとしなかったりそれほど珍しくなかったりするのかもしれません。
2012062901.jpg
2012062904.jpg

冒頭の長野ならではの食べ方のリクエストも同じことで、人間というのは現実よりもイメージしているものをより強く求めるのかもしれません。
それはテレビで見るアイドルや俳優・女優、タレントが人格的にも清廉潔白と思っているのと、同じことなのかもしれませんね。
posted by Coyama at 22:56| 思ったこと・感じたこと

2012年06月28日

グリーンランド研究 − グリーンランドの都市/Qaqortoq(カコートク)−

2012062801.jpg

1775年に居留地として作られた「白」という意味を持つQaqortoq(カコートク)の町は、現在では約3,400人が暮らす南グリーンランド最大の町です。約3,100人が町に暮らし、残りは周辺の3つの居留地でトナカイや羊の牧場を営んでいます。
2012062802.jpg
△ カコートクの港

町にはいくつかの会社があり、造船所では小型船を製造しています。
Great Greenland社ではアザラシの皮などを加工し、世界中に輸出販売をしています。また魚の加工場ではスーパーへの魚を冷凍保存し、輸出しています。

町の広場はグリーンランドで最も古い噴水を持ち、毎日とれたての魚が水揚げされる港の横に位置しています。
2012062803.jpg
△ カコートクの町の噴水広場

町の救世主教会は1832年に建てられたもので、ノルウェーのDrammen(ノルウェー南東部の港町)より移築されました。
教会の屋根裏はグリーンランドで最初の図書館として1940年まで利用されていました。この教会は現在も使用されてはいますが、町の人口増加に伴い、1973年に別の場所に大人数を収容出来るGertrud Rasch教会が新設されました。
2012062804.jpg
△ Gertrud Rasch教会
posted by Coyama at 17:13| グリーンランドのこと

2012年06月27日

埋れ木

『世の中を よそに見つつも うもれ木の 埋もれておらむ 心なき身は』という歌をご存知でしょうか。

幕末の大名・井伊直弼さんが詠んだ歌だそうです。

井伊直弼さんは江戸時代の大老として活躍し、最期は桜田門外で暗殺されたことで知られていますが、井伊さんが大老職に就いたのは43歳の時。しかしそれまで着々と出世街道を歩んできたわけではなく、32歳まではわずかな捨扶持をもらいながら控え屋敷で暮らしていたのだそうです。

当時の32歳ということは、現在だと40〜50歳ぐらいまで埋もれていたといったところでしょうか。

その間、井伊さんは「なすべき業をなせばいいのだ」と学問や武道に精進し、自分を磨き続けたのだといいます。

歴史には学ぶ事も多く、「温故知新」と言う昔からの言葉もあり、過去の人から学べる事もたくさんあります。

僕も今はただ、なすべき業をなす、精神でいかなければならないと思っています。
嘆いたところで誰が助けてくれるわけでもないし人生が楽になるわけでもない。

なすべき業をなせばいい。そういうことなのだと思います。
posted by Coyama at 21:51| どうでもいいこと

2012年06月26日

事象・要因・誘導・判断・決断。そして結果。

僕は今の最寄駅からデスクのある早稲田大学へ向かう時に、主に朝9時の小田急永山駅発の多摩急行を利用します。
僕のデスクのある早稲田大学は西早稲田キャンパス内にあり、そこは地下鉄副都心線の西早稲田駅と直結しています。

自宅の最寄り駅は京王線と小田急線が並走しているのですが、時間的には京王線で新宿まで出て地下鉄丸ノ内線に乗り換え、新宿三丁目で副都心線に乗り換えるのが早いのですが、それは京王永山駅と新宿駅間を約30分で輸送する特急電車を使うからで、残念ながら朝9時永山発では混雑緩和のためか新宿に向かう特急電車が走ってなく、急行のため時間も多めにかかります。
さらに多くの人が乗り合わせるため座れることはまずありません。

一方で小田急線は、通常だと新百合ヶ丘駅と代々木上原駅で乗り換えなければいけないのですが、小田急永山駅からすべて直結して新宿線に連結する多摩急行という急行電車があります。
これに乗ると副都心線に乗り換える明治神宮前/原宿駅まで乗り換えることなく行くことができます。
さらに運が良ければ小田急永山駅で乗り込んだ時に座ることができ、座れなくとも道中は京王線ほどに込み合うことがありません。
そのため僕は小田急線を利用しています。
車両は、明治神宮前/原宿駅で乗り換えるのに便利な前から2両目の列車に乗り込みます。

また運よく座れたとしても、小田急永山駅へ入ってくる列車の空いている座席は1〜2席のため、電車到着の10分前には駅に向かいなるべく列の先頭で列車を待つようにしています。

今朝もそのようにして9時10分前にはホームに着き、一番前で列車を待っていました。
するとしばらくして小学生の集団がやってきて、僕の乗り込む2両目付近で止まりました。
小学生たちはわいわい騒ぎながら、引率の教師によって3班に分けられ、進行方向の1つ目から3つ目のドアの列にそれぞれ分かれて並ばされました。

ちなみに僕が立っていたのは前から3つ目のドアです。

引率の教師は「他のお客さんもいるのだから車内では静かにしてしゃべらないこと!」と注意していましたが、まず無理な話だろうな、と思いながら僕は電車を待っていました。

やがて電車が来て乗り込んだのですが、残念ながらこの日は空いている席はありません。

前述のように車両前方は小学生たちが乗り込んできていますので、僕の足は自然と車両後部のほうに向かい、適当なところで網棚に荷物を乗せ、目の前の吊革につかまりました。

ところが入った時から、車内に異様な臭気を感じていました。
周囲を見渡すと、その臭気の原因となっている男性が、車両の一番後部の優先席にうなだれて座っているのが目に入りました。
身なりも一目でわかるくらいにボロボロな、いわゆるホームレスの方です。

僕が立っていたところからは10メートル程度離れていたと思うのですが、数秒間我慢をしてみたものの僕は臭覚が鋭い方なので耐えられなくなり、場所を移動することにしました。

しかし車両前方に向かうと小学生の集団がいますので、その臭気を放つ男性の前を通って次の車両へと移動しました。

列車間はドアで密閉されますので、当然ながら隣の車両に移れば臭いは届きません。

隣の車両も比較的すいてはいましたが席は空いてはいませんので、適当なところで網棚に荷物を置き、吊革につかまります。
この時、なんとなくですが、サラリーマン風の男性の前に立ちました。

吊革につかまりながら本を読んでいたのですが、僕の前に座っているその男性の、僕から見て左側にはやはりサラリーマン風の男性、右側には若い女性が座っていました。
僕はその時に頭の片隅で、この左側の男性はかなり先まで乗っているだろうが、女性のほうはどこか途中で降りるのではないだろうか。右にずれて女性の目の前に立っていれば、彼女が降りる時に今度は自分が座ることができるのではないか、と感じ、位置を移ろうかどうしようか迷いました。

列車は都心に近付けば近付くほど人が乗り込んできますので、後になると身動きはできなくなり、僕の前に座っている人が降りない限り僕は座ることはできなくなるということはわかっています。
もし座席右側の女性の前の吊り革に僕より後に来た人が立ち、その女性が途中で降りて、僕より後に乗り込んだ人が運よく座れるということもあるわけです。
その時には「あぁ、立つ位置を失敗したな」と思うのですが、そもそも座席に座っている人たちがどこで降りるかなどはわからないもので、基本的には直感と運でもあるわけです。

最終的に今朝の僕は「自分が最初に『ここ』と決めたのだから動かない。」「隣が先に降りたらその時はその時。運がなかったと諦める。」と思いそのまま立って本を読んでいました。

やがて列車が駅で止まる度に乗客が乗り込み、僕の両隣の吊り皮も埋まっていきます。

すると、比較的早い段階の駅で、なんと僕の前の人が下車したため僕は座ることができました。
その後僕が降りる明治神宮前/原宿駅まで座席の両隣の人は降りることはありませんでした。

この出来事は、たまたま運がよかっただけ、なのでしょうか。
これは偶然なのか、それとも必然なのか。

今日僕が座った車両は、普段は乗りこまない車両なのですが、何か導かれるようにして移動させられ、なんとなく空いている場所に立った。目の前に座る人たちを見て、隣のほうが早めに降りそうだから隣に移ろうかと考えたけど、なんだか馬鹿らしくなり大した距離でもないのだから立っていればいいだけのこと、とその場に留まった。
結果としてかなりの距離を座って移動することができた。

どうでもよくて、本当に些細なことなのですが、でもこの小さな出来事が、僕には偶然では済まされない何か意味を含んでいるような気がしてならないのです。

事象・要因・誘導・判断・決断。そして結果。

人生にも似ているな、と感じた、今朝の出来事でした。
posted by Coyama at 20:56| どうでもいいこと