2012年05月31日

食べられない時の食いつなぎ

ブログを書いている時間がない時や気が乗らない時は、基本的にコペンハーゲンの都市史や他の書き溜めてある記事になります。先週10日近くそれらが続いたのは、ずっと長野県に行っていたからです。

長野では仕事の準備などをいろいろと行っていたのですが、そのうちの3日間は友人の米農家の田植えの手伝いをしていました。
2012053101.jpg

もともとこれからどうやって食べていくかを検討しなければいけない中、ある人から「例えばお米は知り合いの米農家の田植えでも手伝って現物支給でもらってくるとか。」と言われたので、本当に実行してみました。

1日手伝ってお米10kg。3日で30kg。
一人暮らしではこれで半年分のお米になります。

朝8時半から始めて18時まで。労働を価格に置き換えるとなんだか割に合わない気もしますが、そもそも自分が食べるお米の栽培に関われるというのは贅沢なことです。
ちなみに人間一人が一年で食べるだいたいのお米の量が60〜70kgで、つまりは米1俵60kgというのは、お米1年分なのだとか。
その60kgのお米を自分で作れるかと言ったら、それも出来ません。
田植え3日、稲刈り3日、計6日手伝うと、1年分のお米になって、少なくともお米があればなんとか生きていけます。
365日のうちの6日間で1年分のお米が手に入るというのは、割がいいのか悪いのか。良い方なのではないでしょうか。

そもそも「食えないのであれば、なんとかして食べていくことを考えろ!米は農家の手伝いをしてもらって来い!」と言われ、それを本当に実行出来る人が世の中にどのくらいいるか。
まさかそれを言った人も本当に僕がそれをするとは思わなかったと思います。

それに将来、もし僕の人生がうまく進んで事業が成功するようなことがあれば、いいエピソードになるじゃないですか。
『最初の頃は食えなくて、お米は知り合いの農家の田植えを手伝って、現物支給で食いつないでいました。』なんて。

農業だなんだというのは僕が目指している建築とはまったく異なるものだと思う人も多いと思いますが、基本的に僕の興味は世の中にあるもの全てを覗いてみたい・体験してみたいということですので、田植えの手伝いも僕にとってはやりたいことの一つです。

現場に入って自身で体を動かすということは、書物を読んだり机上で考える以上に大きなことが見えてきます。

頭の中で計画を立てることは簡単なことです。

種をまいて、育てて、収穫する。

この3つの行程は言葉にすると簡単ですが、実際にはいろいろと深いものが関わってきます。
それは体験しなければわからないことです。

僕は子どもの頃、親から「茶碗はご飯粒を残さず食べなさい。農家の人に申し訳ないこと。1粒でもご飯粒を粗末にすると、目が潰れるよ。」と躾られました。
だから茶碗のご飯粒は残さず食べますが、でもそれは頭の中だけのことで、実際に農家の人がどのような苦労をしてそのお米を作っているのかなんて、農業に携わらなければわからないことです。
そして今の時代、都会に暮らす多くの人は、そのことを知ったり体験したりする機会はあまりありません。

きっと大根は種をまいて土から生まれてくるのではなく、最初から自然とスーパーに置かれているものだと思う子どもたちも中にはいると思います。

お米が育つ田んぼには様々な生き物がいるということも、知っている人は都会では少ないのかもしれません。

僕も生まれ育った家の近くに田んぼはあったのですが、ザリガニぐらいしか頭の中の記憶にありません。

今回手伝いをした時には、シマヘビをよく見かけました。
特に手伝いをした日は天気もよく気温も高かったので、蛇たちも活発に動き出したようで、周囲の人も「今年はよく見るなぁ」と言っていました。
2012053103.jpg

そしてそんなヘビですが、神様の使いと言われていて、ヘビをみかけるのは吉兆なのだそうです。

でもそんな神様の使いも、田んぼの脇の畦の草刈りの際に、よく気がつかずに刈り払い機で切ってしまうのだとか・・・

なんだかとりとめのない話ではありますが、要はそういう経験は都会に住んでいるとなかなか知ることが出来ないことですし、人が生きている中で一生そのようなことに関わらずに死んでいく人は多いわけで、僕はとても貴重な経験をさせていただける環境を持っていることを、ありがたく感じているのです。
2012053102.jpg

ちなみに僕が手伝ったり普段から食べているお米は、こちらから購入ができます。
http://www.goto-chi.com/seisansya/yoda.htm

いい値段がする、いわゆるブランド米なわけですが、そう考えるとやはり贅沢ですよね。
だから今日もご飯をいただく時には、作ってくれた農家の人に感謝の気持ちを込めて、手を合わせていただきたいと思います。
おいしいお米を、ありがとうございます。
posted by Coyama at 21:50| 思ったこと・感じたこと