2012年05月26日

グリーンランド研究 − 植民地時代 −

1721年に、グリーンランドはスカンジナビア人により再び植民地にされます。

デンマーク連合国のノルウェー人宣教師ハンス・エゲデは、キリスト教への信仰が薄れていたスカンジナビア居住地に再び信仰を広めるためにグリーンランドへと渡りました。
2012052601.JPG
△ ハンス・エゲデの布教の様子

現在の首都・ヌークにその拠点を置いたハンス・エゲデの使節団は、布教だけではなく貿易所を拠点にイヌイット住民やオランダ人とも交易を行いました。
2012052602.jpg
△ ハンス・エゲデ牧師の頃のヌーク

ハンス・エゲデの使節団は18世紀を通しグリーンランドの西の海岸沿いに多くの貿易拠点を開拓していきました。
1774年には国の貿易管理機関としてロイヤル・グリーンランド貿易機関が組織され、貿易における価格の管理が行われるようになりました。

さらにハンス・エゲデ使節団や他の使節団は、人々のライフスタイルをより耐久性のあものに変えることを命じられました。そしてこの使節団とロイヤル・グリーンランド貿易機関による貿易ルートの拡大は、グリーンランドに角材や板といった木材を購入することを可能にし、建物の壁や屋根には木が使われるようになりました。
2012052603.JPG
△ 半木造住宅

多くの木造住宅が続けざまに作られていきますが、壁はまだ厚い芝に覆われていました。
2012052604.JPG
△ 半木造住宅の内部

この居住形態の変化は次19世紀のグリーンランドの住宅に大きな影響を与えています。

19世紀に入ると、教育機関の整備、世界初の植民地現語での新聞の発行、各地域からの代表により運営される地方自治体制の整備などにより国の文化は様々な形で高められていきます。
2012052605.jpg
△ 1861年に刊行された現地の新聞

さらにデンマーク語の普及もさる事ながら、現地語であるグリーンランド語は文字という形態を与えられ、教育や宣教活動などを通して残されていきました。
posted by Coyama at 18:57| グリーンランドのこと