2012年05月24日

グリーンランド研究 − ヨーロッパ文明 −

その後もアイスランドやニューファンドランド周辺の北大西洋海域は優れた漁場として利用され、北欧やイギリスなどから多くの漁船がやってきていました。

1570年代と1580年代にMartin FrobisherとJohn Davisの2人のイギリ人がグリーンランドとカナダの間の海を航海し、ヨーロッパ人がカナダのエスキモー住民と接点を持つきっかけとなる北西ルートを開拓しました。
ちょうど同じ頃、オランダ人が西グリーンランドの海域にホッキョククジラが多数生息していることを発見し、クジラの脂とクジラのひげの貿易市場を開拓していきます。
20120524.jpg
△ ヨーロッパの捕鯨船による捕鯨の様子

しかしこの行動はヨーロッパの各国で海域権論争を巻き起こし、特にデンマークの王はノルウェーの海として知られていた北大西洋地域の歴史的統治権を主張しました。

そしてこれを機に、1605年からデンマーク−ノエウェー連合国(すでにスウェーデンは脱退)は再びグリーンランドの開拓を始めます。しかしオランダ人は捕鯨活動を続け、その行動は規制される17世紀の終わりまで続きました。
posted by Coyama at 22:26| グリーンランドのこと