2012年05月23日

1700年代 − 王立芸術アカデミーの設立 ー

1754年、デンマーク王立芸術アカデミーがクリスチャン宮殿に設立され、フレデリクス地域計画などを手がけたニコライ・エイトヴェドが初代校長に就任します。
しかしニコライ・エイトヴェドは就任まもなくして亡くなってしまい、新たにフランスから連れてこられたニコラス-ヘンリー・ジャーディン(Nicolas-Henri Jardin)が校長となりました。ニコラス-ヘンリー・ジャーディンの就任により、デンマークには当時のヨーロッパ諸国での建築の主流となっていた古典主義に遅れることなく、建築にそれらの要素を取り込むことが出来ました。
アカデミーでのニコラスの教育はBernstorff宮殿やSølvgade barracksなどによって広まり、フレデリクス教会のような数々の建物に投影されていきました。
2012052301.JPG
△ Sølvgade barracks(1765-71)現在はDSB(デンマークの鉄道会社)の本社として利用されている

2012052302.jpg
△ ニコラス-ヘンリー・ジャーディンによるフレデリクス教会の図面

2012052303.JPG
△ 現在のフレデリクス教会

アカデミーでのニコラス-ヘンリー・ジャーディンの役割は、新しい古典主義の様式をデンマークに伝えるという意味で非常に重要でした。この新鮮で鮮麗さを与える古典主義様式は一般の設計者や施主らによって多く取り入れられるようになり、街の隅々に古典主義の基礎を根付かせました。
このニコラス-ヘンリー・ジャーディンの作ったコペンハーゲンの潮流は19世紀の終わりまで長く続くことになります。
posted by Coyama at 21:47| コペンハーゲンの都市史