2012年05月16日

1600年代 − デンマークとスウェーデンの戦い/絶対王政 −

ロスキレ条約の後、再起を試みたフレデリック3世王はネーデルランド(オランダ)と再び同盟を組みます。しかしこの動きを察知したスウェーデンのカール10世王は1958年の暮れにロスキレ条約を破棄して再びデンマークへ侵攻します。そして1659年7月17日、スウェーデン軍がコスーア(Korsor)に上陸し、軍を西へ進めコペンハーゲンを包囲します。

しかしこの時、フレデリック3世王は降伏せずに同盟を結んだオランダやブランデンブルグ、ハブスブルグからの援軍を信じて待ち、コペンハーゲンを死守することを選択します。そして堅い意思を誓ったフレデリック3世王の下でデンマーク軍とコペンハーゲン市民は一丸となりコペンハーゲンの街を死守するのです。
攻撃1659.jpg
△ 1659年のコペンハーゲンの攻防の様子

やがてオランダの援軍が到着し、スウェーデン軍は撤退を余儀なくされます。
こうしてデンマークはスウェーデン軍の侵略からコペンハーゲンを守り切りました。

そして1660年2月13日、カール10世の死去により、後に北方戦争と呼ばれるバルト海一帯を巻き込んだこの一連の戦争は終結を迎えます。1660年4月にはコペンハーゲン条約が結ばれ、デンマークはロスキレ条約で奪われたトロンハイムとボーンホルム島を返却されます。
しかしこの時、スコーネ地域は取り戻すことが出来ませんでした。これによりデンマークの首都であるコペンハーゲンは国の最東の街となりました。
そしてこれ以降、この東のスウェーデンとの国境の位置は現在まで変わることがありません。

コペンハーゲン条約が結ばれた1660年、先の戦いでデンマーク軍とコペンハーゲン市民を指揮してコペンハーゲンを死守したフレデリック3世王の支持率は圧倒的に高まりました。そしてこれを機にフレデリック3世王は貴族、教会、市民からそれぞれの代表を集めた大規模な集会を開き、今後のデンマークの政治の方針についての議論がされました。ちなみにこの時は農民の参加は許されませんでした。

当然のことながらデンマークの貴族たちは自分達へのより強い権力を求め、税の免除を考えました。しかし会議の召集の段階で結論は当初から決まっていました。それは当時フランスより持ち込まれた絶対君主制度の導入でした。
絶対君主制度とは国の王が政治、教会、軍隊、裁判所のすべてを統括する制度で、別名、独裁政権とも呼ばれています。 度重なるスウェーデンとの戦争や、スウェーデンとポーランドの王位継承問題などが誘因となり、貴族から次王の決定権が奪われ、そして王の世襲はつねに前王の一番上の息子がなることに定められました。
多くの国民は支持率の高いフレデリック3世王1人がすべての決定権を持てば国が平和になるだろうと考え、この制度には賛成でした。
そしてここに、1865年まで続くデンマーク王室の絶対王政が誕生するのです。
絶対王政.jpg
△ 1660年の絶対王政宣言式の様子。右に見えるのがコペンハーゲン城

またデンマーク連合国のなかでも重要な位置を占めていたスレスヴィグ公国とホルステン公国の大きな事務局がコペンハーゲンに設置されました。この2つの公国からデンマーク政府に出向してくる貴族も多く、上層部の職員のほとんどはホルステン公国から出向してきている貴族でした。そのため当時のコペンハーゲンの重要な機関ではデンマーク語とホルステン公国が使用するドイツ語の両方が使われ、王室でもドイツ語が使用されていました。

1683年にはコンゲンスニュー広場にシャルロッテン宮殿が建設され、1696年にはクリスチャンハウンにデンマークで最初のバロック様式のVor Frelsers教会が建設されます。ちなみにこの時の教会にはまだ現在のような塔はありませんでした。現在の塔が付け加えられるのは半世紀後の1752年のことです。
クリハウ教会1.JPG
△ 1696年設立のVor Frelsers教会。塔の上部は1752年に増設されたものです。
posted by Coyama at 21:37| コペンハーゲンの都市史