2012年05月12日

1600年代 − デンマークとスウェーデンの戦い/氷上侵攻 −

デンマークとネーデルランド(オランダ)は強大化するスウェーデンの動きをよく思わず、1657年にデンマークとネーデルランドは同盟を結んでスウェーデンに宣戦布告します。
この時、スウェーデンのカール10世王はポーランドにいたスウェーデン軍をドイツ方向へ向かわせます。
スウェーデン軍は中立の立場をとっていたブランデンブルグ公国を抜け、さらにスレスヴィグ=ホルステン公国を抜けて北上し、一気にユラン半島を制圧します。カール10世と婚姻関係にあったスレスヴィグ=ホルステン公国はこの時スウェーデン軍の侵攻を黙認したとされています。

カール10世がユラン半島を制圧したのは1657年の暮れにかけてであり、すぐに北欧では厳しい冬の季節が訪れていました。
この時、デンマークのクリスチャン3世王は海上での戦いに備え、コペンハーゲン沖で大艦隊を整備していました。しかしこの年、1657年の暮れから1658年にかけてスカンジナビアを大寒波が襲います。そしてデンマークを囲む海は氷で覆われ、デンマーク艦隊は氷に閉ざされました。
04013127.jpg
△ 今でも冬になると海が凍る様子を時々見ることが出来ます

1658年1月30日、ユラン半島に停留していたカール10世王率いるスウェーデン軍の戦闘部隊は、なんとその寒波により氷結した小海峡と大海峡の上を島伝いに歩き始め、ユラン半島からフュン島、シェラン島までを一気に渡り切り、2月5日には全軍がシェラン島へ上陸しました。
DSCF1111.jpg
△ この海が凍り、そしてその上を歩いて渡ったんだぜぇ〜?ワイルドだろ〜?

そしてシェラン島を西へ移動したスウェーデン軍はあっという間にコペンハーゲンの街を包囲します。
この予期せぬスウェーデン軍の奇襲に、デンマークのフレデリック3世王はなす術がなく降伏をしました。

こうして2月26日にロスキレ条約が結ばれ、デンマークはボーンホルム島とスコーネ地域、ノルウェーのトロンハイムの領地をスウェーデンに譲渡させられたのです。
posted by Coyama at 23:04| コペンハーゲンの都市史