2012年05月11日

六つの精進

先日電車での移動の車中で、京セラの創業者である稲森和夫さんの「生き方」という本を読んだのですが、こんな言葉がありメモに停めました。
それらは稲森さんがご自身の経験から教訓にしていることなのだそうで、「六つの精進」というものです。

1.誰にも負けない努力をする

人よりも多く研鑽する。また、それをひたむきに継続すること。不平不満をいうひまがあったら、1センチでも前へ進み、向上するように努める。


2.謙虚にして驕らず
「謙は益を受く」とう中国古典の1節のとおり、謙虚な心が幸福を呼び、魂を浄化させることにもつながっていく。


3.反省ある日々を送る
日々の自分の行動や心のありようを点検して、自分のことだけを考えていないか、卑怯な振る舞いはないかなど、自省自戒して、改めるよう努める。


4.生きていることに感謝する
生きているだけで幸せと考えて、どんな小さなことにも感謝する心を育てる。


5.善行、利他行を積む
「積善の家に余慶あり」。善を行い、他を利する、思いやりのある言動を心がける。そのような善行を積んだ人にはよい報いがある。


6.感性的な悩みをしない
いつまでも不平をいったり、してもしかたのない心配にとらわれたり、くよくよと悩んでいてはいけない。そのためにも、後悔をしないくらい、全身全霊を傾けて取り組むことが大切である。


これを読んで勉強になったと共に、僕自身が日々考えていることと同じだなと思い嬉しく感じたのと、このような本を買えて、読むことのできる時間があることを、最近は幸せに感じています。
お金がなくて本が買えない、忙しすぎて本を読む時間がない、という人たちは世の中にたくさんいます。
その人たちに比べたら、今の自分が持っているものは、すごく贅沢なことだと思っています。
それをどこの何に対して感謝をすればよいのか矛先はわからないのですが、とにかく目には見えない“何か”に対して、僕は日々感謝をしているのです。
posted by Coyama at 18:15| 思ったこと・感じたこと