2012年05月05日

見上げればコウモリ

長野県小諸市などでは夜になって空を見上げると、それはそれは美しい星空を見る事が出来ます。
特に空気の澄んだ冬場などは、寒さも忘れて長い間眺めていたいと思わせる美しさを持っています。

それでも僕がこれまで見た中で一番感動した星空は、シベリア鉄道でロシアを横断した際に、真夜中に2〜3分停車した駅で、一緒に飲んでいた同室のロシア人に外に連れ出されて小屋の裏に連れて行かれ、「天然のトイレだ・笑」とそこで連れ立ちションをした時に、「上を見てみな」と言われて見上げた時の星空。あの時に見た星空が今までの人生の中では一番の星空でした。

まぁその時は下半身は丸出しだったんですけどね。

もしかするとお酒を呑んで立ちションをしながら見上げたからロシアの星空が美しく見えたのかも知れませんので、今度長野に行った時にはその“呑んだ後の下半身丸出し天体観測法”をこっそり試してみようと思います。

そんな夜空なのですが、僕の実家がある神奈川県茅ケ崎市では、日が暮れた頃から空を見上げるとよくピコポコと飛行する生き物を見かけます。
鳥のようで鳥ではなく、動きも結構独特なそれの正体は、コウモリです。
僕は生まれた時から茅ヶ崎に住んでいましたので、いつの頃から日が暮れるとコウモリが飛び始めていたのかは覚えていませんが、結構僕は当たり前のように普段からコウモリを見ていました。

ちなみにコウモリが主に飛び交う季節は秋なのだそうで、そういえば昨年も秋頃は多摩でも飛んでいるのを見た事があります。

なぜこのようなことを書いたのかというと、先ほど日暮れ時にジョギングをしていて空を見上げた時に、そういえばコウモリ飛んでいないな、と気がついて調べたからです。

しかし日が暮れてからの暗い中で飛んでいる物体ですので、本当にそれがコウモリなのか疑う素直じゃない方もいると思います。違う鳥か何かじゃないの?と。

でも、コウモリです。だって捕まえた事がありますので。

あれは季節は夏から秋に変わろうとしていた頃、僕が実家にいた時に妹の部屋から悲鳴が聞こえ、部屋に何かがいるということで行ってみたら体長5cmぐらいのコウモリがいました。
DSCF0001.jpg

そして捕獲。
DSCF0007.jpg

後にも先にもコウモリを捕まえたのはその時だけですが、茅ヶ崎辺りで夕方に飛んでいるのは、間違いなくコウモリなのです。

そして僕が『“青年実業家の大富豪でありながらも夜は闇を司るコウモリコスチュームの犯罪制裁人”のライバルたちのような人物』を目指している今の背景には、もしかするとそのような体験が関係しているのかもしれません。
posted by Coyama at 20:27| どうでもいいこと