2012年04月21日

デンマーク人建築家/ヨーン・ウッツォン

先日シドニーのオペラハウスに関してデンマークの建築家ヨーン・ウッツォンさんのことを書きました。
http://faelles-design.sblo.jp/archives/20120306-1.html
http://faelles-design.sblo.jp/archives/20120324-1.html

今日はもう一つ、そんなヨーン・ウッツォンさんの話。

ヨーンさんの作品の一つで、コペンハーゲン北部にBagsværd Kirkeという教会があります。
04010426.jpg

この教会、どことなく日本のディテールを感じさせられるのですが、それもそのはず。ヨーンさんは日本のデザインからかなりの影響を受けて、自身のデザインに投影しているのです。
04010424.jpg

中でも有名なのは特徴的なその教会の内部。
04010407.jpg

有機的な曲線がひときわ目を引く空間となっているのですが、この曲線、実は日本の浮世絵師・葛飾北斎さんの浮世絵からイメージを得たと言われています。
04010409.jpg

葛飾北斎さんの代表作でもある富嶽三十六景 神奈川沖浪裏の、そのうねり上がる波のカーブからとった曲線だと言われています。

他にもヨーンさんがデザインをしたスカーエン自然センター(Skagen Odde Nature Centre)なども、要所要所に日本的なデザインが見られます。
s019.jpg

これは鳥居かなにかでしょうか。
s034.jpg

ヨーンさんはシドニーのオペラハウス以外にはそれほど取り上げられるような作品を残しませんでしたが、彼の息子のヤンさんやキムさんは父親と同じく建築家になり、娘のリンさんはデザイナーになりました。
DSCF0027.jpg
△ キム・ウッツォンさんの作品/ローゼンダール本社

2005年のH.C.アナセン(アンデルセン)生誕200年記念の際にローゼンダール社から販売されたアナセンディナーウェアのデザインは、ヨーンさんの娘のリン・ウッツォンさんによるものです。
DSCF0057.jpg

今やデンマークを代表する女性デザイナーとなったリンさんがデザインしたそのディナーウェアには、アナセン物語を代表する6つのお話のシンボルがデザインされています。
モチーフになっている6つのお話とは「親指姫」「人魚姫」「みにくいアヒルの子」「ナイチンゲール」「雪の女王」「チョウ」だそうです。
foto2006_0201FA.jpg

この特徴的なブルーとホワイトのコントラスト、ただお皿に色を焼きつけただけではなく、微妙な凹凸 によりモチーフやリンさんのデザインの特徴である白い葉が浮き出るように工夫がされています。
foto2006_0201ET.jpg

シドニーのオペラハウスの建設に関しては様々な問題もあったみたいですが、世界的に知られる代表作を世に残した。
しかしそれ以上に、自分の子どもたちが親の背中を見て育ち、建築家・デザイナーとして後世で成功しているということでは、ヨーンさんは芸術家としてなによりも素晴らしいものを残したのではないかと、僕は思っています。
posted by Coyama at 19:16| デンマークのこと