2012年04月20日

デンマークの節電対策

デンマークに行かれたことのある方は御存知だと思いますが、コペンハーゲン中央駅の前にTIVOLI(チボリ)という小さな遊園地があります。
04051865.jpg

その存在は、規模としては日本で言う浅草の花やしきのようなとても小さな遊園地なのですが、デンマーク国民から見た存在は東京ディズニーランドに匹敵するぐらいに大きなものです。
04051821.jpg

このチボリ遊園地が作られたのは今から170年も前の1843年。
チボリ1.jpg

当時は防壁で覆われていたコペンハーゲンの街の住民のために、娯楽施設として防壁の外側に建設されました。建設されたとはいっても開設当時は移動遊園地(サーカスなど)のようなものでした。
その後、防壁が取り払われてコペンハーゲンの都市が拡大する中でも、このチボリ遊園地は住民たちの反対により取り除く事ができず、現在でも世界最古の遊園地としてコペンハーゲンの都市の中心に残り、デンマーク国民の憩いの場として利用されています。
04051851.jpg

しかしこのチボリ遊園地は1年中オープンしているのではなく、10月から3月まで、12月のクリスマス期間を除いて閉園してしまいます。
そこには北欧ならではの環境風土と、デンマークのエコ意識が密接に関係していたりしているようです。

170年近い歴史を持つこの伝統ある遊園地の目玉のひとつは夜のイルミネーションです。実に10万個以上の電球を使用しているのだそうです。
00000156.jpg

夏は23時近くまで日の沈まないデンマーク。夜遅くまで遊ぶことができますが、冬は午後3時には日が沈んでしまいます。デンマークの冬の闇は日本人の想像以上に長いです。
そんな長い夜に、大量の電気を使用していたら、電気代も大変なことになります。
00000155.jpg

そのためチボリ遊園地は冬の間は閉園してしまうのです。
チボリ遊園地だけではなくデンマークにある他のレゴランドやバッケン遊園地も冬に閉園してしまうのは同じ理由のようです。

よく北欧など環境先進国のエネルギー対策などを、日本で取り上げたり取り入れたりしようとする試みを見かけます。
そして福島第一原発事故以来、原子力発電に対する反対意見もよく聞かれます。ちなみに僕も原発の利用には反対です。
しかし現代人は電気に頼らなければ生活が出来ない環境に生きています。

原子力発電所も、年々増え続ける国民が利用する電気を創り出すために作られたものだと思います。
だったらただ原発利用に反対するだけではなく、国民が使用する電気の量を減らす努力も国民が行っていく必要があるのではないかと、僕は思います。

先進エネルギーや新技術もよいのですが、単純に冬の間は閉鎖する遊園地など、異国を学ぶのであればそういうところも学んでよいのではないかと、僕は思うのです。
福島第一原発の事故の前はこんなことは思いませんでしたが、今は状況も時代も違います。
まずは東京ディズニーランドも、冬の間は閉園しろといった無茶なことは言いませんが、日々の閉園時間を1時間早めるなどしてもよいのではないでしょうか。大手が姿勢を見せれば、他の遊園地も後に続くことでしょう。
何も22時まで照明をたくさん使って電気を無駄に使う必要は、僕はないと思うんです。
posted by Coyama at 19:01| デンマークのこと