2012年04月15日

1400年代 − オルデンブルグ朝

1445年、クリストファ3世王は当時15歳のドロテア妃と結婚をします。しかし彼女との間に子どもを授からぬまま、彼は1448年に亡くなります。これによりそれまでスカンジナビアのデンマーク王室を受け継いで来た血統は途絶えることとなりました。

翌1449年、ドロテアはオルデンブルグ(Oldenburg)家(現在のドイツ北西部)のクリスチャン伯爵と結婚し、デンマークは彼をクリスチャン1世王として迎え入れました。ここに、後のフレデリック7世王が亡くなる1863年まで続くオルデンブルグ朝の血統が誕生し、以後デンマークの王位を担うこととなりました。

一方スウェーデンではクリストファ王の死後にクリスチャン1世王ではなく貴族のカールが王として王位につき、彼は翌1449年にはノルウェーの王位にも就きます。しかし1451年からデンマークとスウェーデンの間に戦争が勃発し、ノルウェーは1450年に、スウェーデンは1457年に王位をクリスチャン1世王に引き渡すことになります。
1459年にはクリスチャン1世王はスレスヴィグ公国の公位にも就きます。
しかし1467年にクリスチャン1世王のスウェーデンの王位が剥奪され、カール王が再びスウェーデン王として即位することとなります。

1472年、スコットランドのジェームス王にクリスチャン1世王の娘が嫁いだ際、その持参金代わりとしてオークニー諸島が無血でノルウェーからスコットランドへ移譲されました。

1474年にはクリスチャン1世王がホルステン公国の公位に就きます。
そして国の政を担うよりよい人材を育成する目的で、1479年に神学、法学、医学、哲学を学ぶためのコペンハーゲン大学が設立されました。

クリスチャン1世王はドロテア妃との間に5人の子ども(息子4人、娘1人)を授かりました。1481年にクリスチャン1世王がなくなると、彼の息子であるハンス王子がデンマークの王位に就きます。彼は1483年にはノルウェーの王位につき、1497年にはスウェーデンの王位も奪い取ります。
またハンス王はスレスヴィグ=ホルステンの両公国の公位も継ぎ、1497年に北欧王国同盟を締結します。

しかし1501年にはハンス王が再びスウェーデンの王位を奪われるなど、デンマークとスウェーデンの国政は落ち着かないままでした。
posted by Coyama at 21:26| コペンハーゲンの都市史