2012年03月31日

9〜10世紀−キリスト教の布教

9世紀になるとスカンジナビア各国にもキリスト教が布教していきます。このキリスト教の流入は主に2通りの道筋でデンマークに持ち込まれました。

まず1つはヴァイキングにより持ち込まれたものです。海を渡り始めた当初は、ヴァイキングは暖かい時期になると遠征し寒くなる前には戻ってくる生活を送っていましたが、やがてその遠征の距離が長くなるにつれ、現地人と同化をしてその地に住み着くようになっていきます。
つまり彼らは現地民の女性と結婚して生活をしていくことになるわけですが、その頃すでに遠征先にはキリスト教が普及していましたので、ヴァイキングの中にも自然と改宗していく者も少なくありませんでした。
そして彼らやその子孫たちがスカンジナビアの地へ戻った際に、同時にこの新しい信仰までもが持ち込まれたのです。

もう1つは南方より陸続きでもキリスト教が伝わり、826年には現在のドイツ北部にあたるスレスヴィグ公国のヘデビュ(Hedeby)の村にデンマークで初めてのキリスト教の教会が設置されましたが、この教会はすぐに燃やされます。
しかしその後は信仰が広まるに連れて教会の数は徐々に増えていき、デンマークでは960年ごろにはすでにキリスト教の国となっていたという記録が残されています。

その記録はユラン半島のイェリンにある岩にルーン文字で刻まれ、デンマークという名が初めて歴史上に登場していると共に、それがキリスト教の国であるということが記されています。
イェリン岩.JPG
△ ルーン文字が刻まれたイェリン岩

この岩にはキリストの肖像も描かれており、現在は世界遺産として登録されています。
posted by Coyama at 21:08| コペンハーゲンの都市史