2012年03月26日

デンマークの歴史/氷河期

紀元前15000年前、デンマークの地はまだ巨大な氷床の下にあり、スカンジナビアとドイツ北部、北海からイギリスの東部までを氷が覆っていました。
DSCF0007.jpg

紀元前12000年前後には、コペンハーゲンの位置あたりまでツンドラが生息するようになり、現在のデンマークとドイツとの国境沿いあたりにはカバノキが繁殖するようになります。

紀元前11000年頃になると氷床は徐々に縮小していき、スカンジナビアの大地を削り出していきました。この時に削りだされた大地が、現在のスカンジナビアの特徴であるフィヨルド地形と呼ばれるものです。
氷河期10000.jpg
△紀元前10000年頃の北欧。グレー部分が氷床

デンマークはノルウェーやスウェーデンなどと比べると高低差のない平たい地形ですが、それでも国内にはいくつものフィヨルドが点在しています。
DSCF1844.jpg

またデンマークの真ん中、Fyn島の東端にあるHesselager(ヘッセラァー)という小さな村には氷河期に切り出されたとされる大きな岩があり、「Hesselagerstenen」や「Dammestenen」という名で呼ばれています。その大きさは幅・約14m、奥行・約14m、高さ・約10m、重さは約1,000トンあり、一つの岩としてはスカンジナビアでも一番大きな岩なのだそうです。
00000093.jpg

紀元前10000年前後になると現在のデンマークとドイツとの国境あたりに繁殖した植物を求めてトナカイが来るようになります。そしてそのトナカイを求めて南方より狩人が来るようになり、やがて彼らは定住するようになります。そして地球の気温の上昇とともに植物や動物が北上していき、それを追って人類も徐々に北上していきました。

紀元前5000年にはスカンジナビアを覆っていた氷床はほぼ解け終わり、上がった水位により地形は現在のようになったといわれています。

紀元前3000年頃になるとデンマークのあちこちに巨石建造物が造られるようになります。
DSCF0025.jpg

これらがどのような目的で使用されていたのかはまだ解明されていませんが、この巨石遺跡は現存し、今でも国内のあちこちでその姿を見ることが出来ます。
posted by Coyama at 21:57| コペンハーゲンの都市史