2012年03月17日

キングギドラと男の子

コペンハーゲンに住んでいた8年前、僕はNoerreport駅近くにある「東京スカイウォーク」というお店によく立ち寄っていました。
ちょうど僕がいた2年間だけコペンハーゲンにあったお店で、日本のフィギュアやおもちゃなどを販売していました。
04022132.jpg

お客さんのほとんどはデンマーク人で、その接客はデンマーク語の実践にもなるので、大学の帰りに立ち寄ってお手伝いとして時々レジに立たせてもらっていました。
04022134.jpg

お店で特に人気のあったのがキティちゃんグッズとドラゴンボールグッズでした。ドラゴンボールはデンマークでも大人気で、当時の子ども達の心をガッチリと掴んでいました。
アニメも放送されていて、悟空たちは堪能なデンマーク語を話しています。
DSCF0167.jpg

ある時には、デンマークにファステラウンと言う伝統的な子どもたちのコスプレ祭りがあるのですが、ドラゴンボールの主人公である孫悟空の衣装を手作りするのでその参考にする、と言ってフィギュアを買っていったお母さんがいました。

他にも、お店にはいろいろな日本の商品が置かれていました。「ポッキー」などもデンマーク人には人気がありました。
またある時には「きのこの山」をデンマーク人が爆笑しながら買っていきました。その形が、とても気に入ったのだそうです。

そんなコペンハーゲンの町にクリスマスの足音が聞こえてきた、2003年のある冬の日のこと。
僕がいつものようにレジに立っていると、母親と兄妹の1組の家族がお店にやって来ました。子どもたちは5歳と3歳くらいでした。
DSCF0018.jpg

その男の子、お店に置いてある「キングギドラ」の人形が欲しくてたまらないのです。
その「キングギドラ」は特別に大きくて、外から見えるようにショーウィンドウに飾ってあったのですが、お値段は600kr(約10,800円、1kr=約18円)と少し高めでした。

母親が僕に値段を聞いてきて、手にとってみせてあげたら、その男の子、もうときめいちゃってるんです。目がキラキラしてるんです。
そして「Wow! Det er meget flot! [素晴らしいっ!] 」と何度も叫びます。見ているこっちが楽しくなるくらい。

でも、そこで母親が彼に言うんです。
「買えないわよ」って。
「自分でお小遣いを溜めて、それで買いなさい。」って。

もう、その男の子、すごく涙目で、、、。あぁ、本当に欲しいんだろうな、って。

そして母親がその人形を返す時、僕にそっと、こう言いました。

「明日か明後日、買いに来るから、取り置きしておいてくれる?クリスマスプレゼントなの。」と。

悔しいことに、その時の僕は母親が小声で言ったそのデンマーク語がよく聞き取れなくて、もう一度聞き直してしまいました。
一度で聞き取れるようになりたいとその時に悔しい思いをすると共に、横で涙目で拗ねている男の子と、こっそり僕に企みの笑みを浮かべているお母さんの姿が本当に素敵で、とてもジーンときてしましました。

よろしくね、とウインクして未練が残る息子の手を引っ張り、店を出ていくお母さん。それについていく妹。
その家族が店から離れ、「キングギドラ」を取り置きしておこうと僕が手を伸ばした時、通りの向こうからその男の子が走ってショーウィンドウの前に戻って来て、ガラスにベタ〜っと張り付きました。

本当に欲しいんだね。

それを引きはがしにきたお母さんが、窓越しに、僕に再びウィンクしてきました。僕もわかってます、と笑顔を返しました。

その男の子が、クリスマスの夜、ツリーの下から「キングギドラ」の包みを選んで開けた時、彼はどんな顔をするんだろう。お母さんやお父さんはそれを見てどんな顔をするんだろう。見てみたいな、と思いました。

僕も子どもの頃に、そんな素敵な想い出をたくさんもらった記憶があります。
僕はまだ良い縁には恵まれていませんが、いつかデンマークで出会ったような暖かい時間を、自分の家族と過せられればと、いつも思っているのです。
posted by Coyama at 23:56| デンマークのこと