2012年03月01日

ここもっこし

おそらく日本史上最も古い顔文字のひとつが「へのへのもへじ」だと思います。

しかし「へのへのもへじ」はなぜ「へのへのもへじ」なのでしょうか。
「へのへのもへじ」を「へのへのもへじ」と何の疑いもなく書いている人は、物心ついた時から「へのへのもへじ」と書くことが当たり前なので、誰もそれを疑うことなく使っているのだと思います。

へのへのもへじ。

「へ」はわかります。眉毛を表現したいから「へ」になるのでしょう。

「の」もわかります。目を表現したいから「の」になる。

なので「へのへの」までは僕も疑うことはしません。

へ へ
の の

これで確かに顔に見えます。

では「も」はどうか。鼻を表現したいから「も」なわけですよね。

へ へ
の の
 も

確かに「も」は鼻に見えますが、他の候補に「し」もあったはずです。
しかしこの日本顔文字選抜総選挙においては鼻部門で有力候補だった「し」を抑えて「も」が当確したわけです。

へ へ
の の
 し

「し」のほうがすっきりとしていると思うのですが、「=」がついた「も」が“Most鼻らしい”に選ばれたためそれが現代にも伝わっているわけですが、ではこの「=」は何を表しているのでしょうか。
「そばかす」でしょうか?「絆創膏」でしょうか?
しかしこの「へのへのもへじ」創世記には南蛮渡来の絆創膏などなかったと思われます。

そこで考えられるのが、この「へのへのもへじ」がどこで使われたか、という点です。
農耕民族でありお米文化を持つ日本人は、そのお米の栽培に対して、昔から天敵である雀などの鳥獣と常に戦ってきました。
大名の評価を石高という、お米がお金の代わりにもなっていた時代から、きっと「へのへのもへじ」はあったと思います。
なぜなら、お金に等しいお米を天敵である鳥獣から守るために、人々が考えた装置が「かかし」と呼ばれる疑似人間であり、服を着せて人間に見せかけるとともに、そこにはきっと顔を書いたわけで、その時にこの「へのへのもへじ」が使われたのではないでしょうか。
DSCF8240.jpg

そうなると、「へのへのもへじ」は平面ではなく球面に書かれることになります。
20120202_0001_.jpg

この時、鼻が「し」よりも「も」のほうが、横から見た時に鼻があると認識しやすいわけです。
20120202_0002_.jpg

だから「し」ではなく「も」が使われているのではないでしょうか。時代的にも「=」はそばかすかなにかでしょう。
これはあくまで僕の推測でしかないのですが。

さて、あまり顔の事をしつこく追求するのもいい顔はされませんので、球面への記載から鼻は「も」にするとしまして、次は口です。

へ へ
の の
 も
 へ

「へ」は確かに口にはなります。しかし、何も眉毛に使った「へ」をまた使わなくてもよかったのではないかな、と僕は思ってしまうのです。

例えば、ちょっとツンデレ風に「く」でもいけたのではないか。

へ へ
の の
 も
 く

20120202_0006_.jpg

なんなら歌わせてみよう。

へ へ
の の
 も
 く 〜♪

唇を表現するなら「こ」も候補にあったはずです。

へ へ
の の
 も
 こ

ここで、この「へのへのもへじ」は当時女性が化粧をするといった習慣があまりなかったところから生まれたものかもしれず、もし現代にこの顔文字が作られたとしたら、目の部分は「の」ではなく、マスカラでピンッと張られたまつげを表現した「み」なんてのもあったのではないかと思うのです。
つまり「へみへみもこじ」。

へ へ
み み
 も
 こ

ただこれだと鼻が団子鼻に見えてしまうので、きっと「へみへみしこじ」になったでしょうね。

へ へ
み み
 し
 こ

20120202_0003_.jpg

そして、最後にあごのラインを表現する「じ」。
「し」の部分はわかるのですが、この「」は何を意味するのか。
耳、なのか、髪でしょうか。

耳であれば、ひらがなには「る」という耳の表現に適した文字があるわけです。
もし耳をひらがなで表現するとしたら、きっと「る」を使ったわけで、そうなると「へのへのもへしるる」になったと思います。
20120202_0007_.jpg

そうではなく、最後が「じ」ということは、この「」に関しては『耳』ではなく他の『髪』や『ほくろ』などを表しているのかもしれません。

というか人の顔なわけですから『ほくろ』や『おでき』があってもおかしくはありません。もし、「へのへのもへじ」が「へのへのもへじ」である由縁が、語呂がよく発音しやすいからという理由であれば、『ほくろ』や『おでき』をつけた「へみへみもっこし」でもよかったのではないか。

へ へ
み み
 もっ
 こ

もっと言えば、眉毛と目を「こ」で表現してしまった「ここもっこし」でもよかったのではないか。
20120202_0004_.jpg

長々と書きましたが、つまり何が言いたいのかと言うと、別に顔文字を表現するのに「へのへのもへじ」でなくても顔文字は出来たのに、「へのへのもへじ」が一般に使用され、現在では日本人の誰も疑いなく「へのへのもへじ」を使っている。

今日読んだ「利他のすすめ/著:大山泰弘」という本の中に「手段にすぎないものを常識と勘違いすることで人の働き方や生き方を縛っているかもしれない」という一文があり、なるほどなと思いました。
この「へのへのもへじ」も、本当は『顔を描く』という手段にすぎないものを、顔を描けるのは「へのへのもへじ」という文字なのだという社会常識に、我々近代日本人が囚われてしまっていることかな、とふと思ったわけです。本当は「ここもっこし」でもいいのに。

そして、僕のように自ら考えてものづくりをしていこう、新しい形を創造していこうと思っている人間には特に、すでに常識と化してしまっていることに対しても、常に疑って考え、検討することが大切なのではないかな、と思っているわけです。

みなさんは「へのへのもへじ」を見て、そう思ったことはありませんか?
posted by Coyama at 18:35| どうでもいいこと