2012年02月14日

今を楽しむ

(※この記事は文章が定まってなくあまりイケてないので、徐々に書き直します)

目標を持って、それに向かって生きることがこんなにもつらいことならば、夢なんてみるもんじゃないな、といつも思います。

今の日本で生きている多くの人たちは、明日の安定を求めて、徐々にどこかで社会と妥協をしていくのだと思います。
そして気がつくと人々は夢や希望を忘れ、自分が何がしたいのかではなく、社会が求めている姿に自分をはめ込むようになり、社会に“生かされる”ようになっていく。
夜遅くに郊外へ向かう電車に乗っていると、笑顔よりも疲れきった乗客のほうが遥かに多い。みな「疲れたぁ」といったどんよりとした顔をしている。「あぁ、今日も一日よく働いたぞ!楽しかったぁ!」と清々しい笑顔の人を見かけることはほとんどありません。

これまでの自身の経験の中でも、例えば海外留学をされた方々を見ていると、多くの人たちが帰国する時にあまり楽しそうではないように感じられます。
みなさん最初は笑顔だった。それは初めは夢があって留学したわけで、それが叶った時に人は笑顔になるわけです。そしてそこには希望があった。でも、多くの人たちは帰国する時にあまり楽しそうな顔をしない。本当はこれから学んだことを活かしていく、希望ある“はじまり”のはずなのに、“終わった”と思ってしまうから笑顔になれないのかなと思っています。

僕は10年前にデンマークへ行くときは泣きながら向かい、帰国するときは笑顔で帰国しました。その時の僕はデンマークでの経験をそこで終わらせるつもりはなかったので、未来への希望でワクワクしながら帰国しました。
そして今でも僕は時々デンマークへ行ってますし、デンマークで学ばせてもらったことを自分の人生の中で活かしていますし、この先も活かしていくと思います。

10年前にデンマークに行く前に、僕は恩師から次のような言葉をもらいました。
『留学で学ぶべきことは、技術や知識を得ることではなく、その国の人の生き方や考え方を学ぶこと。』

海外留学をすると、どうしても限られた時間の中で出来る限りの成果をあげなければいけないと思いがちになる人が多いと感じます。
でも実際にその国の人の生き方や考え方を学ぼうと思ったら、真面目に机にかじりついて勉強だけするのではなくて、滞在を楽しむこと、遊ぶことが重要ではないかなと僕は思っています。

今を楽しむ。

これは海外で学ぶ人たちだけでなく、日本でも今を生きている人たちに必要なことなのではないかと思います。

僕も毎日つらいです。苦しみのなかで生きています。でも、絶対に人前では笑顔を絶やさないようにしようと心がけています。

そのこともデンマークにいた頃に学んだことです。当時恩師が僕に送ってくれた手紙に、こう書かれていました。

『健康に気をつけ、いつもニコニコ元気で、礼儀正しく、常に感謝の気持ちを忘れずに、何事にも自信を持って挑めば、必ず道は開ける。諦めずに挑戦することが大切。』

僕がデンマークでの滞在で学び得たことは、この言葉に凝縮されています。
そしてその時に身につけたこの言葉は今でも心に留め、未来への道を自分で切り開こうと、これからもいつも笑顔で挑戦していこうと思っています。 

僕は他人にどうしろと上から偉そうに道を示すつもりはありません。でも、最近は世の中に言いたいことがいっぱいあります。

「あなただけが懸命に生きているわけじゃない。あなただけがつらいわけじゃない。みな同じように苦しみや悲しみを抱えて生きている。この世に生きている限り、人が思うこと、抱えることはみな同じ。だからみんなで一緒に、今の時代を歩いていきましょうよ。僕も今を懸命に生きますから、みなさんにも懸命に生きてほしい。そして人生を楽しんでほしい。」

人生を楽しんでいる人が、素敵な笑顔になれるのだと思います。
そしてそんな素敵な笑顔の人って、輝いて見えますよね。
僕はもっと多くの大人たちに輝いていて欲しいと思っています。

だって大人が輝いてくれないと、これからの子どもたちが、夢も希望も見られないじゃないですか。
posted by Coyama at 23:55| どうでもいいこと