2012年02月10日

走る黒いトレンチコートの男

今朝京王線に乗って多摩から新宿へ向かう途中、車窓からボ〜っと外を眺めていると、多摩川に差し掛かったところで河川敷を走っている男性を見かけました。
その男性の服装は黒いトレンチコート。腰から下をひらひらとなびかせながら走っています。

しかしその走り方がどうもおかしい。なんだかジョギングをしているように、ずっと、一定のペースで走っているのです。

仕事場などへ急いでいるというような雰囲気でもありません。そもそも仕事へ向かっているとかであれば、そのコートにも見合うように鞄を持っていると思うのですが、手には何も持っていなければ背中にも背負っていない。

残念ながら角度と走行中で電車が離れていったため靴までは確認できなかったのですが、遠く離れながらも目で追っていても一定のペースが衰えることがありませんでした。

ちょっと小走りで瞬間を急いだという雰囲気でもなく、かなりの距離をずっと一定のペースで、姿勢よく走っていました。黒いトレンチコートを着て。

あれはなんだったのでしょうか。いくつか検討してみたいと思います。

・仕事場へ急いでる説
鞄は持たずに手ぶらで行ける仕事で、遅刻しそうなため走っていたのかもしれない。
しかしあまりあの河川敷は普段通勤者がいるような場所でもないし、最寄りの駅もかなり離れているので、その確率は少ない。

・トレンチコートがランニングウェア説
これはいくらなんでもないでしょう。

・何かから逃げている説・何かを追っている説
そういう雰囲気でもありませんでした。淡々と走っている感じでしたし、前も後ろも気にはしていなかった。

・撮影説
確かにごくたまに河川敷でテレビなどの撮影をしているのを見かけます。しかし今日は周囲にそれらしきクルーもいませんでした。

・相棒説
右京「僕はこっちを回ります、神戸君は向こうに回ってください。」
神戸「わかりました。」
といって犯人を追いつめようと神戸警部補が裏に周り先回りをしていたところ。
しかし現実そんなことはないと思います。

・変態説
まだ寒いですからね。それにズボンは履いていたみたいですので、これもないでしょう。

はてさて、多摩河川敷を走る黒いトレンチコートの男。その正体は謎のまま。
もしもう一度見かけるような事があれば、その時は「探偵ナイトスクープ」に投稿して優秀な探偵さんに調べていただこうと思っています。

走る黒いトレンチコートの男。その正体が気になります。
posted by Coyama at 22:22| どうでもいいこと