2012年02月09日

上を向いて歩こう

デンマークの語学学校にいた頃、各国の生徒たちがそれぞれの歌を歌うと言うイベントがありました。
その時我々日本人は、日本の歌ということで「上を向いて歩こう」を日本語で歌いました。

歌い終わった後、各国の生徒たちが拍手をしながら「その歌知っている」と言ってきました。
ドイツ人などは「ドイツでは失恋の歌なのよ」と言ってました。
00000061.jpg

それから数年経ち、縁あって長野県小諸市に行くようになった頃、この「上を向いて歩こう」の歌詞は実は小諸で生まれたものだということを知りました。
そのため小諸市ではお昼の12時になると、この「上を向いて歩こう」のメロディーがスピーカーから流れます。

確かに小諸の持つ自然の恵みと夜に頭上に輝く満天の星空を見上げていると、「上を向いて歩こう」の歌詞が生まれたときの状況が目に浮かぶくらい、美しく豊かな環境がそこにはあります。
DSCF6983.jpg

ところが最近になって、この歌詞の誕生には実はそれほど美しくない逸話があることを知りました。
というのはこの歌詞は、作詞した永六輔さんが、疎開先の小諸でいじめを受け、懐古園でひとり悔しく泣いていた時に生まれたものなのだそうなのです。
現在懐古園にはこの「上を向いて歩こう」の碑があるらしいのですが、この碑の建造の時にも、そのつらい思い出から永六輔さんは承諾を最後まで渋ったのだそうです。
2010_0625HZ.jpg

それでも、その歌詞は今では世界中に知られる日本を代表する歌になっています。

先日、内閣府が自殺防止対策活動に「GKB47」と名付けて発表したものの、すぐに不謹慎だということで撤収したと言うニュースがありました。ちなみにこのGKBというのは「ゲートキーパー」と浸透を願う「ベーシック」の頭文字に「AKB48」を真似て47都道府県の47をつけたのだそうです。
おそらく流行っているからという理由で作った、浅はかな標語なのだと思います。

永六輔青年が小諸で、いじめを受けて傷ついた心に浮かんだ歌詞。でもそこにはつらくても前向きに進もう、という思いがあった。
そしてその歌はやがて小諸を飛び出し、海を越え、世界に広まり、日本を代表する歌の1つになった。
そういった意味では、この「上を向いて歩こう」という言葉を自殺防止対策活動の標語に使った方が、よほど深く、また適しているのではないでしょうか。

日本は今、年間の自殺者数が3万人を越える異常な社会になっていると言います。
人生には、それはそれはいろいろなことがあります。一生幸せて安泰に暮らせる人生を送る人はまずいません。

怒りや悲しみを経験することも数多い。それでも、死にたいくらいにつらいことがあっても、それでも決して悪いことばかりでもない。
人はいつか必ず死にます。遅かれ早かれ死は生きている人間には必ずやってくる。
だったら、自ら死を選ぶ勇気があるのであれば、その残りの人生を、誰かのために生きてもいいのではないかと、僕は思っています。

人は人のためになることをして、はじめて生きている意味を感じるといいます。
家の周りの掃除でもいい、交通量の多い交差点の見張りでもいい、道ばたの花壇の草むしりでもいい。何かしら、できることはあると、僕は思っています。
黙っていても人はいつかは死にます。何も死に急ぐことはない。
死んだ時に、地上で苦しんだ分だけ、きっとあの空の上で幸せになれる。

幸せは 雲の上に
幸せは 空の上に
上を向いて歩こう 涙がこぼれないように
泣きながら 歩く 一人ぽっちの夜

そうやって歌われる歌は、日本で愛され、さらに世界に知られて様々な国で歌われるという誰も想像しなかった広がりを見せました。僕は遠い異国の地で、その姿を見ました。
だからどんなにつらいことがあっても、上を向いて歩き、涙を拭いて前に進み、生きていく・生きていることが大事だと、きれいごとと言われようが、僕は思っているのです。
posted by Coyama at 23:34| 思ったこと・感じたこと