2012年02月29日

トイレの神様のユーモア

デンマークのコペンハーゲンに「CAFE EUROPA」というデンマーク人にはよく知られた有名なカフェがあります。
サイトはこちら→ http://europa1989.dk/
DSCF5001.jpg

1989年にコペンハーゲンの目抜き通りでもあるストロイエ通りのAmagertorv広場の脇にオープンしたこの「CAFE EUROPA」の特徴は、なんといってもそのサービスにあります。
DSCF0117.jpg

実はここのコーヒーを提供しているのは、デンマークNo.1のコーヒーマイスターたちなのです。
DSCF0155.jpg

カフェ業界には、世界一のバリスタを決める「World Barista Championship(世界バリスタ選手権大会)」というものがあるそうなのですが、このCAFE EUROPAからは過去に何度も「World Barista チャンピョン」を排出しているのです。

ちなみに『バリスタ』というのはコーヒーの抽出とサービス技術の優れたコーヒーマイスターのことです。

日本からも毎年この「World Barista Championship」には多くのマイスターたちが参戦しているそうです。

そんな世界一のバリスタたちのいる「CAFE EUROPA」に行った時のこと。

男性用トイレには男性用小便器(いわゆる立ちション用便器です)というものがあるのですが、「CAFE EUROPA」の男性用トイレで、面白いものを見つけました。
DSCF5009.jpg

一件普通の小便器ですが、この便器の上に下の写真のようなプレートがついていました。
DSCF5008.jpg

デンマーク語で
−−−−−
et skridt naermere
den er kortere end du tror
−−−−−
と書かれているこのプレート、日本語に訳すと
−−−−−
もう1歩前へ
あなたが思っている以上にソレは短いのです
−−−−−
と書かれています。

「ソレ」ってのは「アレ♂」のことですが、男性の立ちションというのはよく最後に「おつり」が床にポタポタと垂れるんですね。
やるほうはスッキリし終わるのよいですが、床に「おつり」が垂れますと不衛生になりますし、臭いも放ちますし、掃除をする側にとっては大変なのです。
09110608.jpg

それはいつの時代もトイレの神様の悩みであります。
だから日本でもよく目線の位置に「もう一歩前へ!」と表示がされています。
09110607.jpg

生活や文化は違えど、こういうところは世界でも共通しているものなのですね。

ただ、そこで「あなたが思っている以上にソレは短いのです」と表示し、かつ受け入れられているのがヨーロッパにはあって日本にはないユーモアというもの。

見習いたいものです。
posted by Coyama at 23:02| デンマークのこと

2012年02月28日

本当の友達

今日は久しぶりに大学時代の友人たちと会って食事をし、ほどよくお酒を楽しみました。前回の会合からは2年ぶり。みな昔とちっとも変わることはなく、とても楽しい時間を過ごせました。
昨日も北海道に暮らす大学時代の友人が日帰りで東京に来ていたので、お昼を一緒にしました。1時間しかないけれど会社の話も是非聞きたいからと声をかけてくれたので、僕も時間を作って新宿で会いました。本当は互いにお酒を飲みながらゆっくり話したかったのですが、それはまた次回のお楽しみです。

以前デンマークにいた頃、デンマークで暮らす日本人の友人を訪ねた時に、その友人が「こっちに暮らすようになって、本当の友達が誰だかわかるようになった。」と言っていたことが強く印象に残りました。

その話を聞いた時に、確かに僕もデンマーク行きを境に、友人関係が変わったなと感じました。

それまでの友人は、たまたま家が近かったとか、学校が一緒だったということで付き合いのある人たちも多かったと思います。近くにいたから、あまり気が合わなくても友達として一緒にいたとか、付き合っていたとか。

ちょうど僕の世代などは思春期にポケベルから始まりPHS、携帯電話といった時代の中で生きてきていて、友人関係もそんな道具たちと共にありました。

僕がデンマークに渡った2002年には、時代のコミュニケーションツールは携帯電話になっていましたが、当時は日本の携帯電話がまだ海外では使用できなかったため、僕はそれまで使用していた日本の携帯を解約しました。

現在2012年の段階で、友人たちの連絡先を記憶している人ってどのくらいいるのでしょうか。
多くはきっと携帯電話に連絡先が記録されていて、携帯を失くすと連絡が取れない、という人が多いのではないでしょうか。

ただ現在はすでに携帯のバックアップシステムだとか、Facebookなどクラウド上での繋がりが主流になってきていますので、携帯をなくしても連絡は取り合えてしまうのですよね。

僕がデンマークに渡った時には、まだそのようなものはなかったので、渡欧とともに一度友人関係がリセットされました。

もちろん当時は携帯は使えなくてもパソコンでのメールは使えましたし、手紙という昔ながらの手段もありますので、連絡を取ろうと思えば日本とデンマークとの間でも取れたのですが、当時僕の携帯電話に登録されていた人の3分の2とは、その後連絡を取ることはなく、現在に至ってもありません。

一方で今でも付き合いのある古くからの友人たちとは、僕がデンマークに行く前も行った後も付き合いは何も変わらず、数人からは本当にデンマークに行っていたのかすらも疑われています・笑

そもそも付き合いも古くなると、会うのも年に1・2度になりますので、1〜2年海外に行っていようが気にもならないのかもしれません。
そしてそのような経験から、本当の友達というのは、近くにいるからとか学校や職場が一緒だからなるというものでもなく、どこにいようが何をしていようが繋がっているものなんだな、と今では感じています。

前述もしましたが、最近ではFacebookなどインターネット上でのソーシャルネットワークサービス(SNS)が活用され、古い知り合いとも容易に連絡が取れてしまう時代になりました。
すごい時代になったものだと思うとともに、僕が10年前にデンマークで体験できた直接的な人の繋がりの経験は、もう今では体験ができないことなのだなと思うと、僕は本当にいいタイミングでデンマークに行けてよかったなと、心から思っています。

現在僕もFacebookやmixiなどのSNSを利用していますが、正直Facebook上での「友達」との繋がりには多少の抵抗があります。
なんだかFacebookでの「友達」の数が多ければ、実際に「友達」がたくさんいるように感じる人も少なくないと聞きます。

僕は一度デンマークに行った事で人間関係がリセットされた経験があるので、気の合う人たちとの現実での付き合いを大切にしたいと思っています。そう思える友人は人生で1人2人いればいいと思うのですが、ありがたいことに僕には複数いてくれます。

おかげで楽しい人生を歩んでいられる。みなさん、いつもありがとう。
posted by Coyama at 22:38| 思ったこと・感じたこと

2012年02月27日

別れの美学

僕のお気に入りの詩人、ひろはまかずとしさんの詩集の中に、こんな詩がありました。

*****
何かを持ったまま握りしめたこぶしでは、他の何もつかむことはできません。
出会いに別れが必要なのも、それと同じことなんです。出会いが、神様のくださる奇跡ならば、別れもまた新しいものに出会うための神様の贈り物です。
出会いに感謝するように、別れにもきちんと感謝をしたいと思うんです。
*****

この別れとは、家族であったり、恋人であったり、様々だと思います。

出会いがあれば、そこにはいつか必ず別れが訪れる。
そういった人との別れの中で、僕には忘れられない人との別れがあります。

もう15年近く前になりますが、僕が大学生だった頃、僕は接客業のアルバイトをしていました。

その頃の店長のKさんにはいろいろなことを教わりましたが、当時の生意気な僕のような若者に対し、本当に辛抱強く接してくださったなと今でも感謝しています。

そんなKさんから教わり、今でも心がけていることが2つあります。

1つは、僕がお店のことでKさんに不満を言った時に言われたことです。

僕の不満に対し、「ではお前はどうすればいいと思う?」とKさんは言いました。

そして「何かに対して不満を言うのであれば、それに対してどうすると改善ができるかなどの提案も一緒にしなければいけない。でなければそれはただの文句だ。」と続けました。

ただ不満を言うのは誰にでも出来る。しかし不満を言ったところで問題は解決しないのです。
もし意見を言うのであれば、不満だけではなく提案もつける。

それ以降僕は何かに対して意見を言う時には、きちんと提案もつけることにしています。

それともう一つは、僕がKさんから頼まれた作業に対して言われたことです。

「作業の進め方にはいくつかやり方がある。一番いいのは当然ながら『早くて正確』なこと。でも次にいいのは『早くて雑』ではなくて『ゆっくりでも正確』なこと。急いでやろうとして雑になるようであれば、時間がかかってもいいから正確に進めてください。」

このことは、仕事や作業のことだけではなく、世の中の多くのことに当てはまることだと思います。
なので僕は今でも、このことを念頭に物事を進めています。

あれから15年が経ち、その間にもいろんな経験をし、いろんな人たちと出会ってきました。
その中で、僕より先輩でもあるのに上記のことが身に付いてなく、それらが出来ない人たちとも残念ながら多く出会いました。

その人たちを非難するつもりは全然ありません。僕だってあの頃にKさんと出会わなければ、そんなことも知らず、実行も出来ずに今に至っていただろうと思うからです。

だから本当に、僕はKさんに出会え、そしてそのことを教えていただいたことに、感謝をしています。

そんなKさんが当時出世をされ、お店から移動となった時、お別れの会の後、僕と同僚の2人が、最後に荷物をKさんの車まで運ぶのを手伝わされました。
もちろん僕は嫌々運ぶのではなく、最後のお手伝いだと感謝の気持ちで手伝ったのですが、その荷物を車に積み込み、お別れをしようとした時、なんとKさんは僕と同僚に、車の中からプレゼントを出してきたのです。
Kさんはそのために僕と同僚に荷物運びを手伝わせたのですが、全く予想していなかったその行動に僕らは驚き、そして本当に嬉しく思い涙したのを今でも覚えています。

ちなみに僕へのプレゼントは、クリーム色のネクタイ。「お前は色が黒いから、こういう色がいいんだ。」と。

そのネクタイは、15年経った今でも僕のクローゼットにかかっています。

人間の行動は、常に経験によって作られるものだと思います。
立派な大人、かっこいい大人の行動が出来るようになるのも、いかに若い時にそういった先輩に出会えたによると僕は感じています。

別れ方にも美学がある。そんなことを、僕はKさんから教わりました。
posted by Coyama at 23:35| 思ったこと・感じたこと

2012年02月26日

頭の整理

先日妹から毎日ブログを書いているなんてよほど暇なんだな、と言われました。

なるほど世の中の人はそう見るわけですね。言われてみると確かにそうだと思います。
ただブログを書くのに使う時間は1日に30分〜1時間程度。その程度の時間も取れない大人でいるのは自分の望む人生ではないですし、何も毎日律儀にゼロから書いているわけでもありません。
IT技術も発達し様々なツールも開発されている現在、移動中や休憩中などのちょっとした空き時間に書き溜めておけば、時間のない日でも5分程度もあれば投稿ができてしまいます。

それにブログを書き始めたことには、きちんとした理由があります。

よく、本から学んだり、人から聞いた話であったり、自身が体験した話などを、“自分の言葉”にしていくには、それらを人に話していくのが一番の方法だと昔から言われています。

しかし僕の場合はいざそれらを人に話そうとすると「自分の話ばかりする」と面倒くさいことをよく人から言われるので、それであれば誰にも迷惑をかけないブログに書いているだけのことです。

それに書くことでそれらの話が自分の頭の中で整理されていきます。

バラバラな話の羅列でなく、繋がりを持って、かつきちんと整理された話であれば、いざそれらを人に話す段階になっても話がまとまっていて話しやすくなります。

話の展開の基本は起承転結です。その基礎さえ出来ていれば、あとはいかようにも相手の状況に合わせて話を展開することが出来ます。
ゆっくり時間が取れる時には全部を、あまり時間がなく手短に話す時には結論だけ、など。

落語なども同じですよね。あれも短い小噺があって、それを時間に合わせて噺家が膨らませて話をする。
短い時には言葉遊びであったり「オチ」が面白い。笑点の大喜利のような、短い文章で笑いを誘うこともそれにあたります。
一方で長い時には合間の「承」や「転」の部分のやり取りやら展開が面白く、それが最後の「オチ」と結びつくところに技術がある。
短い話を長く広げた時に、この合間の部分をいかに表現豊かに面白く展開できるかが、噺家の腕の見せ所だとも聞きます。

それらはすべて、頭の中に全体の流れと基礎ができているから、その場その場に応じて話の展開が出来るということだと思います。

さらには場に応じた話が出来るように、幅広く知識を自分の言葉として持ち合わせておくことも重要です。
それに新たなヒントというのは、意外と違うジャンルのことからヒントを得られることが多いのです。日本人はよく自身の分野のみに集中し、それ以外のことには興味を示さない人が多いと聞きます。しかし発明などの多くは、まったく違う分野からヒントを得たということが少なくありません。

それら発見は偶然から生まれるということも多いわけですが、常日頃から様々な分野にアンテナを張り巡らせておけば、そのヒントを見つける確率も高まるわけです。
逆に自身の分野以外のことに興味を示さないと、その分野の中で行われること以外の発想は生み出されなくなってしまいます。

そしてそうした他分野のことでも、きちんと自分の言葉として整理し、頭の中に持ち合わせておけば、いろんなアイデアに繋がって行くもの。
モノを作る人間には、重要なことだと、僕は思っています。

暇なんだねと思う人は勝手にそう思っていればいいと僕は思います。
それにもし人から「暇なんですね?」と言われたら、僕は上記のことは話さずに「えぇ、金はないけど暇ならたっぷりあるのでね。」と答えると思います。
だってそんなこと言う暇のある人に、本当のことを教えたくはないじゃないですか・笑
posted by Coyama at 16:42| 思ったこと・感じたこと

2012年02月25日

多摩ニュータウンの未来(後編)

(昨日の続き)

多摩ニュータウンは高度成長期に都心に人口が集まり増加をしていく対策として、多摩丘陵を切り開いて作られた新しい街です。
それが40年近くなった現在、住民の高齢化や建物の老朽化などといった問題に直面しています。
DSCF9864.jpg

そんななかで、都会での人口減少と居住地域のことを考えていくと、多摩ニュータウンなどは地方の耕作放棄地と同じように、人から敬遠されていくことになるのではないでしょうか。

僕の個人的な意見としては、やはり寂れた商圏しか持たない多摩ニュータウンよりも、賑わいのある東京区内の都心に暮らしたいと思います。
しかもいくら特急や急行電車が通り、都心から時間はかからないとは言え、通勤時には特急が走らず平時の倍の時間がかかり、夜遅くなるとやはり電車も制限されてくる現実には、不便を感じます。
僕と同じように感じる人は少なくないと思います。

だからといって多摩ニュータウンが悪いというわけではありません。よい部分もたくさんあります。
例えば、都会に比べれば自然が多い、ということ。
また歩車分離された道路計画があります。つまり道を歩いていても車に接する危険が少ない。
DSCF0139.jpg

つまり都心など道路が密集していて車の往来の激しい地域に比べ、子どもを安心して遊ばせられるといった子育てにはよい場所ではあります。

みなさんは「じょうぼ」という空間をご存知でしょうか。
この「じょうぼ」というのは主に千葉の房総地域の言葉のようなのですが、一般道路から家の敷地までの長い進入路のことを指すのだそうです。
DSCF5341.jpg

この「じょうぼ」はその家の人しか使わないため、家の子どもたちが遊ぶときに、車の心配をしなくてよい、安心して遊べる場所なのだそうです。
庭とも言えず道路とも言えない曖昧な場所。そういった場所が、同じように多摩ニュータウンにはあると思います。

今後、多摩ニュータウンから人口の流出を防ぐには、そのようなメリットをうまく活用し、地域特性を活かした住みよい街、にするしか方法はないのではないでしょうか。

何も手を打たなければ、耕作放棄地と同じく“居住放棄地”となる可能性は少なくないと思います。

例えば、僕の故郷は音楽グループのサザンオールスターズの桑田佳祐さんの出身地ということでもよく知られる神奈川県茅ケ崎市です。
「茅ヶ崎」と聞いてみなさん思い浮かぶのは「湘南」という海に面した地域ということだと思いますが、そのイメージ通りで、茅ヶ崎には海しかありません。
しかしその海と、海を取り巻く環境は大変魅力があり、多くの人を惹きつけます。
DSCF0034.jpg

多摩ニュータウンなどにはもちろん海はありませんが、木々の多い豊かな里山環境があります。
このような自然をもっと魅力的に見せたりすることはできないものでしょうか。
DSCF9790.jpg

前述の歩車分離は、マラソンなどを趣味にするランナーにはとてもよい環境です。車や信号に邪魔をされることなく、自分のペースで好きなだけ走ることが出来ます。また公園なども多いことから、給水やトイレもほどよく整備されています。
DSCF9960.jpg

他には、その環境を活かし、週末農業やクラインガルデン、サマーハウスのような活用も可能になると思います。
僕が長野県小諸市で行っている週末農業的な活動に対してよく聞かれる意見は、「とても興味があるが、都心から車で2〜3時間かかるのはちょっと遠い。」というものです。
多摩ニュータウンの居住の実態はどうなっていくかはわかりませんが、例えば低家賃の小さめの住居に空きが多く出てくるようであれば、そこをセカンドハウスのように利用し、市内の農園で農作業を楽しむ、ということも出来るかもしれません。
DSCF6566.jpg

もちろん口で言うほど簡単なものではなく、そこにはいくつもの課題があるのはわかっています。
たくさんある団地などの住居も、制約が多くあり自由な発想で利用してくことは難しい現状があります。

ただ、この先の人口減少社会において、多摩ニュータウンがこのまま普通の都市でいられることはありえず、前述の耕作放棄地の増加的な考えからも、立地的に厳しくなってくるのではないだろうかと僕は思っています。
多摩ニュータウンだけではなく、東京郊外の千葉や埼玉など、同じような問題を抱える都市はこれからますます増えてくると思います。
そういった都市の衰退を防ぐには、「ここに住んでいたい」と思わせるような街にすることが重要です。

そのための対策案は自然環境だけではありません。例えば、この地域で人生最期を迎えるまで安心して暮らせる街だったらどうか。
医療・介護・看護・福祉・居住・地域コミュニティなどの連携が行き届いた暮らしやすいメディカルタウンという発想もあります。
歳をとり、病気になったら都内の大病院などに入院し、病院を転々として最期に病院でなくなるよりも、住み慣れた街で、住み慣れた家で最期を迎えることが出来る。その仕組みが、その街には出来ていて、安心して暮らせる。
そういう街であれば、住み続けたい、と思う人も多いのではないかと思います。

僕が会社を立ち上げたのは、まずはそのような仕組みを、多摩ニュータウンで作ろうと思ったからです。
そこには昔からあるような人的なネットワークの活用はもちろんのこと、今の時代の新しいIT技術やICTといった情報コミュニケーションネットワークを活用すれば、これまでは出来なかった新たな仕組みを作ることが出来るのではないか、と可能性を感じています。
そして多摩ニュータウンでその仕組みが出来れば、それは全国にも適用していけると思っています。

旅立つ人を送り出す時に、残される人たちが、大切な人を失う悲しみだけでもつらいのに、現代社会の歪んだ仕組みのせいで悔しい思いをしてしまうことがある。
そんな思いをする人たちを、僕は少しでも減らしたい。それだけです。
posted by Coyama at 00:42| 多摩ニュータウンのこと