2012年01月31日

2回咳の法則

インフルエンザが流行っているそうですが、今日通勤の行き帰りの電車の中にもマスクをして咳をしている人がたくさんいました。

そんな人たちの咳を聞いていて、気がついたことがあります。もしかするとこれって一般常識なのかもしれませんが、人が咳をするときというのは、同じ咳を二度する、のです。
言葉にすると表現が難しいのですが、つまり、

ゲホゲホ
ゴホゴホ
エヘンエヘン

と、ゲホならゲホが2回でゲホゲホ、ゴホならゴホが2回でゴホゴホ。

ゲホやゴホ、エヘンと1回だけということはなく、またゲホゲホゲホの3回もありません。

リズムよく2回。

それでも時々3回というのがあるのですが、リズムとしては2回の咳におまけでもう1回がつくといった感じで、1つめゲホと2つめゲホの“ゲホ”の長さに比べ、3つめゲホは半テンポ早くなります。
『タン・タン・タタッ』って感じですかね。3つめゲホは勢い余っておまけでつけた、って感じが否めません。

一方で周囲の迷惑なども考え、咳を我慢しようとしたときなど、咳が出るのを意識した時に出る咳というのは、これは1回なんですよね。
きっと2回目を意識的に止めているのだと思います。
「咳払い」なども2回続けることは少なく、ヴゥンン!と1回が多いですよね。
もしくは何かを人に合図しようと2回続ける「咳払い」もありますが、これは1ヴゥンン!と2ヴゥンン!では2ヴゥンン!のほうが半音下がることが多いです。同じリズムで2回、ということはない。

しかし自然に出る咳というのは、同じリズムで2回。

ゲホゲホ
ゴホゴホ
エヘンエヘン

気になって通勤の行き帰りにずっと周囲を観察していたのですが、かなりこの法則の信憑性は高いのではないかと思うくらい、多くの方が2回咳をされていました。

もともと咳というのは体内に入ったウィルスなどの異物を外に出す時の体の症状だと言います。
ただ、咳が1回だと、なんか食道あたりからのどの奥あたりまではウィルスが上がったけど、そのまま体内に留まってしまう。しかし2回だと、ホップステップで1咳でのどの奥あたりまで押し上げ、2咳で今度はのどの奥から外に吐き出す、というメカニズムなのではないかと仮説を立てたのですがいかがでしょうか。

そう考えると、たまに溜まりに溜まったのどのイガイガを取るために、『ゲーホッ!』って力のこもった大きな咳をのどを解放する感じですることがありますが、あれっていうのはきっと2回咳や3回咳ではとてもとてもウィルスを追い出せないため、室伏選手のハンマー投げのような、こう、遠心力をつけてパ〜ンッ!とはじくように遠くに投げ出す、そんな感じの咳なのかな、と。

まぁそんなことはどうでもいいことですが、とにもかくにもインフルエンザには十分お気をつけください。
posted by Coyama at 23:32| どうでもいいこと